A rendering of PAC
LuxigonA rendering of PAC

ニューヨーク、ワールドトレードセンター跡地に多目的ヴェニュー建設

新たな舞台芸術の場、2023年オープン予定

テキスト:
Melissa Kravitz Hoeffner
翻訳:
Time Out Tokyo Editors
広告

今ニューヨークでは、文化復興が本格化し、いくつかの素晴らしいプロジェクトが進行している。

地元の人々が今後数年間で楽しみにしているものの一つが、Ronald O. Perelman Performing Arts Center (PAC)の建設だ。これは最大1200人収容できる大規模な多目的スペースで、1 ワールドトレードセンターのすぐそばに建てられる。

ワールドトレードセンター跡地に文化的、芸術的なパフォーマンススペースを追加する計画は、約20年前、2003年に策定された跡地再開発のマスタープランの一環として生まれた。当時の市長だったマイケル・ブルームバーグが承認したこの計画は、2006年にブルームバーグがNational September 11 Memorial & Museumの会長に就任したことで前進。2020年、彼はPACの会長にも就任し、ロウアー・マンハッタンの成長と活性化の促進に力を注いでいる。

PACの公式ウェブサイトには、「PACは、演劇、ダンス、音楽、映画、室内オペラのためのユニークなヴェニューであり、アーティストたちに新しい舞台芸術の可能性と、イノベーティブな多角的な作品を生み出す新しい機会を提供します」と記されている。

日中はオープンなパブリックスペースで地元クリエーターの交流場となり、夜はライブパフォーマンスを見られる場所となる予定だ。

建物内部は、柔軟性が担保され、可動式の壁を用いて11種類の空間構成が可能。独立した劇場は3つあり、99席から1200席まで、さまざまな規模に対応する。

また昨今の規制を考慮して、現代的な換気システム、タッチレスで使えるトイレを導入。スクリーンなども完備し、必ずしも生身の人間がステージに立って観客を前にするとは限らない、ライブパフォーマンスやニューメディアの未来を見越したヴェニューにしていくという。

この夏、ロックウェル・グループにより建物の上棟式が行われ、PACの建設は新たなマイルストーンを迎えた。2023年のオープンが待ち遠しい。

原文はこちら

関連記事

ニューヨークにテスラタクシーが登場、マンハッタンに50台導入

ニューヨーク・ファッション・ウイーク、初めて5番街で開催

ニューヨークで長年愛されたKmartが閉店

ニューヨーク歴史協会がLGBTQ+博物館の設立を発表

ニューヨークにナイトライフ博物館が誕生か

東京の最新情報をタイムアウト東京のメールマガジンでチェックしよう。登録はこちら

最新ニュース

    広告