専門家に聞く 100歳まで歩けるフットケア

30年後も歩いてお出かけするために、足のケアは今から始める

作成者: Miroku Hina |
Advertising

長寿大国として名高い日本。近年は医療も発達し、100歳まで生きることも珍しくはない。ただし、最後まで健康に生きてぽっくりと逝けるのかというと話は別だ。多くの場合、まず歩行機能が衰退し、寝たきりとなり、死に至るという階段を下っていく。だからこそ、「最初の段階となる足の健康は今から気遣ってほしい」と、医療用靴などを製作するマイスター靴工房KAJIYA(東京都東久留米市)代表の中井要介は話す。本記事では、日本の足病事情やインソールのメリットについて中井に尋ねた。車椅子不要のシニアライフを満喫するには、今からのケアが大切なようだ。

KAJIYA

日本は足の健康に対する意識が低い?

そもそも、日本は欧米諸国と異なり、足を専門に診てくれる場所がまだ非常に少ないです。アメリカやイギリスには「ポダイアトリスト」という足を専門に診る医者がいて、日本でいう歯医者のように、タコや足の痺れといったささいな異常もそこに相談に行けるんですね。ドイツでは、幼いころから定期検診で足の異変もチェックします。それだけ生涯を共にする足を大切にしているんです。

日本では、整形外科などを訪ねることが多いかもしれませんが、様々な器官と関係しながら体を支える足を、外科の視点のみで的確に診断するのは難しい。患者も気軽に足の不調を相談できる場所がないので、予防医療が進みません。なんとなくやり過ごして、本当に痛みを感じてから病院を探すというのが、今の日本の現状だと感じています。  

 

インソールでできることは? 

生活に支障が出るほどの痛みがなくても、足のタコや、外反母趾、扁平足など、実に多くの人が足に何らかの問題を抱えています。そうした異変は、足が崩れ始めているシグナル。的確に支えるインソールで、将来的な足の痛みを予防することが大切です。

オーダーメイドの場合、診断がかかることもありますが、専門家の視点からそれぞれの足の問題に合わせて製作してもらえるのが大きなメリット。

自分でも自覚のない歩き方のくせや、姿勢の改善にもつながりますし、O脚やX脚の人は補正までは難しくても、足にかかる負担を軽減させ、歩き方が整います。何より、歩行が楽になるでしょう。市販の合わないものを入れると逆に足を痛めてしまう場合もあるので、そういう意味では安心ですね。

 

人生100年時代、今から足を大切にしてほしい

タコや靴底の片減りは、ささいなことだと思うかもしれませんが、生涯健康に歩き続けるためには、決して見逃せないポイント。40代まではフットケアをしない人がほとんどだとしても、50〜60代を過ぎて足の痛みが増し、多額な資金を投じて治療している人はたくさんいます。 

今からでもインソールなどを活用してバランス良く歩き始めれば、数十年後にくる膝の痛みを防げるかもしれません。人生100年時代といわれる今、老いても孫と散歩したり、友人と旅行したりと人生を謳歌するには、なるべく歩ける足を保ちたいですよね。

もしもずっと続いている足の悩みがあれば、都内にもある足病院の受診や、インソールの使用を検討してみましょう。

nakai 2

中井要介 プロフィール

マイスター靴工房KAJIYA(東京都久留米市)代表。整形靴先進国であるドイツに9年間滞在して修行を積み、職人としての技術と医療知識を備えたスペシャリストを認証する「ドイツ整形外科靴マイスター」の資格を取得。日本で唯一、義肢装具士と同マイスターの資格を有する。

MYインソールはここで作る

ヘルス&ビューティー

東京、オーダーメードインソール5選

タコが絶えない、靴が片減りする、外反母趾気味である ……。そんな足の悩みに、フットケアとして気軽に取り入れられるのがインソール。フィットするインソールの快適さは、一度体験すれば手放せなくなること請け合いだ。本特集では、一生モノの本格派から手頃価格のものまで、オーダーメードインソールを作れる都内の店を厳選して紹介する。

足の不調に悩んだら……

ヘルス&ビューティー, 病院

下北沢病院

icon-location-pin 下北沢

下北沢駅から徒歩5分ほどの場所にある病院。2016年8月には、病院としては日本初の足に特化した医療施設、『足病総合センター』を開設。足の裏の痛みやタコ、外反母趾といった足の悩みを、本センターでは足病に関するあらゆる分野の専門家が集結し、ワンストップで診療してくれる。 治療に当たるのは……

ヘルス&ビューティー

マイスター靴工房KAJIYA

icon-location-pin 多摩地域

東久留米市柳窪にある1980年創業の靴工房。2016年にリニューアルオープンし、糖尿病などで変異した足を支える医療用靴や下義装具のほか、オーダメードインソールの製作・販売を行っている。  長年の間に培われた確かな製作技術はもちろん、本店は、一般的にデザイン性が軽視されがちな靴型装具を、希望に合わせて美しくデザインしてもらえると評判だ。足の状態にもよるが、履きたいデザインの靴や、パンプスのようにすることもでき……

Advertising