2017年に公開が待ちきれない映画20

ブレードランナー2049、美女と野獣、沈黙など注目作品をチェック
1/4
2/4
3/4
4/4
作成者: Mari Hiratsuka および Time Out London Film |
Advertising

タイムアウトロンドンにて、2017年に公開される映画50本が紹介された。タイムアウト東京ではそのなかから注目の作品を、邦画も加えて20本紹介する。今年も、SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編や、マーティン・スコセッシが20年以上の構想を経て完成させた『沈黙』、オリジナルキャストが再集結する『トレインスポッティング2』など見逃せない作品が揃う。リストをチェックしながら公開を待とう。

 

1

トッド・ソロンズの子犬物語

2017年1月14日(土)公開

監督:トッド・ソロンズ

社会に順応できない変わり者にスポットライトを当て続けてきた、映画『ハピネス』などで知られるトッド・ソロンズ監督作品。本作は、様々な飼い主のもとを転々とする1匹のダックスフントを通して人間の愚かさを描くブラックコメディ。

公式サイトはこちら

(C)2015 WHIFFLE BALLER, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.
2

沈黙-サイレンス-

2017年1月21日(土)公開

監督:マーティン・スコセッシ

レオナルド・ディカプリオが主演したコメディ映画『ウルフ・オブ・ウォールストリート』の後、マーティン・スコセッシは再びシリアス路線に戻ってきた。遠藤周作の歴史小説『沈黙』を1998年に読んで以来、スコセッシが映画化を熱望してきた本作は、キリシタン弾圧が行われていた江戸初期の日本に渡ってきたポルトガル人宣教師(アンドリュー・ガーフィールド、アダム・ドライバー)の目を通し、信仰の意義や文化の対立を描いている。

公式サイトはこちら

©2016 FM Films, LLC. All Rights Reserved.
Advertising
3

アンチポルノ

2017年1月28日(土)公開

監督:園子温

日活ロマンポルノ45周年を記念して、日本映画界で活躍する監督たちがそれぞれロマンポルノを作り上げた。「10分に1回の濡れ場があれば、内容は自由である」というロマンポルノ特有のルールを引き継いだ園子温監督は、極彩色に彩られたファンタジックな世界にこもりながら小説家兼アーティストとして分刻みのスケジュールをこなす京子の世界を描いた。

公式サイトはこちら

(C)2016 日活
4

ラ・ラ・ランド

2017年2月24日(金)公開

監督:デイミアン・チャゼル

夢の街を舞台にした、ミュージカル映画『ラ・ラ・ランド』で、ライアン・ゴズリングとエマ・ストーンが再びタッグを組んだ。ライアンは陰気なジャズピアニスト、エマは女優の卵を演じる。本作は、切ないが元気の出る映画で、間違いなくアカデミー賞の有力候補だ。

公式サイトはこちら

Photo credit: EW0001: Sebastian (Ryan Gosling) and Mia (Emma Stone) in LA LA LAND. Photo courtesy of Lionsgate. (C)2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.
Advertising
5

バンコクナイツ

2017年2月25日(土) 公開

監督:富田克也

地方都市の荒廃とした様子を描いた映画『サウダーヂ』の富田克也監督作。バンコクの歓楽街で働くタイ人娼婦ラックとかつての恋人である元自衛隊員オザワが織り成すロードムービーでは、タイ北部の村の人々、ラオスの米軍による空爆の跡などそれぞれの国の現在を見ることができる。

公式サイトはこちら

(C)Bangkok Nites Partners 2016
6

キングコング 髑髏島の巨神

2017年3月25日(土)公開

監督:ジョーダン・ボート=ロバーツ

エンパイアステートビルによじ登るキングコングの姿が頭によぎるかもしれないが、今作はキングコング誕生の起源を描くオリジナルストーリー。1970年代を舞台に、ベトナムから帰還したばかりのアメリカ海兵隊チームがミステリアスな島で巨大なキングコングと対決する。出演陣も素晴らしく、トム・ヒドルストン、ブリー・ラーソン、サミュエル・L・ジャクソン、ジョン・グッドマンらが登場する。

公式サイトはこちら

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., LEGENDARY PICTURES PRODUCTIONS, LLC AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED
Advertising
7

ジャッキー ファーストレディ 最後の使命

2017年3月31日(金)公開

監督:パブロ・ラライン

アカデミー賞の主演女優賞のオスカー像に、あらかじめナタリー・ポートマンの名を刻んでもいいかもしれない。本作では、ナタリー・ポートマンがジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディを演じ、ケネディ大統領暗殺事件をファーストレディの視点から描いている。主演女優賞部門を独占するであろう、勢いのある演技を堪能してほしい。

公式サイトはこちら

(C)2016 Jackie Productions Limited
8

ゴースト・イン・ザ・シェル

2017年4月7日(金)公開

監督:ルパート・サンダース

押井守監督が1995年にアニメ映画化した『GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊』のハリウッド実写版。スカーレット・ヨハンソンを主人公にキャスティングしたことで「ホワイトウォッシング」と批難されているが、北野武や桃井かおりなど、日本人キャストも登場する。オリジナルアニメーションの目眩がするような壮大な計画や、ハイスピードなアクションに期待したい。

公式サイトはこちら

(c)MMXVI Paramount Pictures and Storyteller Distribution Co. All rights Reserved.

Advertising
9

トレインスポッティング2

2017年4月8日(土)

監督:ダニー・ボイル

昨年から話題になっていた、ダニー・ボイル監督の『トレインスポッティング2』がイギリスでは1月に公開される。前作に続き、ユアン・マクレガー、ユエン・ブレムナー、ジョニー・リー・ミラー、ロバート・カーライルが出演。「あれから20年の時がたって、登場人物たちはそれぞれ違う場所で生活しており、子供がいたりと、生活は変化している」と、プロデューサーのアンドリュー・マクドナルドはレントンたちについて語っている。

公式サイトはこちら
10

美女と野獣

2017年4月21日(金)公開

監督:ビル・コンドン

ここ数年間エマ・ワトソンは、男女平等を呼びかける「HeForShe」や、「フェミニストブッククラブ」を発足させるなど、女優業よりもフェミニズムに関する話題が多く見受けられた。そのため、ディズニー実写版映画である『美女と野獣』のなかで、エマ演じるベルのキャラクターが、いわゆる「囚われの姫」だと思って、映画館に行ってはいけない。

公式サイトはこちら

(C)2016 Disney. All Rights Reserved.
Advertising
11

家族はつらいよ2

2017年5月27日(土)公開

監督:山田洋次

映画『男はつらいよ』で知られる山田洋次監督が、シリーズ終了後20年ぶりに生み出した、熟年離婚騒動をめぐる家族の物語を描いた喜劇作品。

公式サイトはこちら

(C)2017「家族はつらいよ2」製作委員会
12

ワンダーウーマン

2017年夏公開予定

監督:パティ・ジェンキンス

2016年に公開された『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』でゲスト出演したワンダーウーマンが、2017年は主役になる。ワンダーウーマンを演じるのは、イスラエル人女優ガル・ガドット。監督は、映画『モンスター』で知られるパティ・ジェンキンス。また、本作は初の女性監督によるスーパーヒーロー作品である。

公式サイトはこちら

(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC.AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC

 

Advertising
13

ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第1章

2017年8月4日(金) 公開

監督:三池崇史

ルーブル美術館で作品が展示されるなど、話題の尽きない荒木飛呂彦漫画『ジョジョの奇妙な冒険』が実写化。監督は三池崇史が務め、本作ではジョースター家の代々の戦いを描くストーリーのなかの、第4部『ダイヤモンドは砕けない』にフォーカスしている。

公式サイトはこちら

(C)2017 映画「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」製作委員会(C)LUCKY LAND COMMUNICATIONS/集英社
14

エイリアン コヴェナント

2017年9月公開予定

監督:リドリー・スコット

リドリー・スコット監督の 『エイリアン』前日譚1作目である『プロメテウス』の続編。遠い惑星への旅の途中、コヴェナント号のクルーが、アンドロイドのデイヴィッド(マイケル・ファスベンダー)が住むミステリアスな世界を発見する。本作でエイリアンの謎めいた起源が明らかになるかもしれない。

公式サイトはこちら

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation. All Rights Reserved
Advertising
15

エンドレス・ポエトリー

2017年秋公開予定

監督:アレハンドロ・ホドロフスキー

アレハンドロ・ホドロフスキー監督の自伝をもとに2013年に製作した『リアリティのダンス』の続編。今作では、青年となったホドロフスキーが当時のチリで出会う詩人やアーティスト、パフォーマーなどアヴァンギャルドな人々との交流を、虚実入り交じった独特の手法で描いている。撮影監督は映画『恋する惑星』など、手持ちカメラの独特の映像で知られるクリストファー・ドイルが務めた。

©Pascale Montandon-Jodorowsky
16

ブレードランナー 2049

2017年10月27日(金)公開

監督:ドゥニ・ビルヌーヴ

SF映画の金字塔である『ブレードランナー』の続編は、ハリソン・フォードが出演を承諾し、ライアン・ゴズリングがキャスティングされ、映画『ボーダーライン』の監督ドゥニ・ヴィルヌーヴが参加するまでは誰も期待していなかっただろう。しかし、今や間違いなく、今年一番期待されている作品だ。オリジナル版の30年後の世界を舞台に、新人ブレードランナー(ライアン・ゴズリング)が隠された秘密を暴く。
Advertising
17

スター・ウォーズ エピソード8

2017年12月15日(金)公開予定

監督:ライアン・ジョンソン

ルークはレイをジェダイとして訓練するのか。チューバッカはハン・ソロの死を乗り越えられるのか。フィンは昏睡状態から目覚めポー・ダメロンと情熱的な関係を持つのか……。そしてさらに盛りだくさんの内容で『スター・ウォーズ 』サーガは続く。 レイ役のデイジー・リドリーいわく、今作でレイの出生が明らかになるそうだ。
18

猿の惑星:大戦記(グレート・ウォー)

2017年公開予定

監督:マット・リーヴス

VFX技術を駆使した美しい映像も魅力的な『猿の惑星』新生シリーズの3作目。再び指揮を執るのは、マット・リーヴス監督。アンディ・サーキス演じるシーザーと、その猿の一族が人間率いる軍と戦う、より激しいアクションの濃い作品になる。

(C)2016 Twentieth Century Fox Film Corporation
Advertising
19

アウトレイジ最終章

2017年公開予定

監督:北野武

監督、主演を北野武が務める、暴力団同士の抗争を描いた『アウトレイジ』の3作目。前作『アウトレイジビヨンド』のその後が描かれる予定で、激しい抗争のなか生き残ったキャストたちの出演が決定している。

©2017『アウトレイジ 最終章』製作委員会

20

オン・ザ・ミルキー・ロード

2017年公開予定

監督:エミール・クストリッツァ

奇想天外な着想と唯一無二の映像感覚で傑作を生み出してきたエミール・クストリッツァの9年ぶりの新作。戦争の混乱のなかで運命に翻弄される男の波乱万丈な人生を描いた本作では、クストリッツァが主演を務め、ヒロインをモニカ・ベルッチが演じている。

2016年公開作品を振り返る…

映画

2016年に公開が待ちきれない映画20選

『30 films we’re excited about in 2016』と題して、タイムアウトロンドンで30本の映画が紹介された。タイムアウト東京では、その中から20本を選び紹介する。今年もリブートや続編が多く揃った。『ハリーポッター』のスピンオフ作品『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』、クェンティン・タランティーノ監督の西部劇『ヘイトフル・エイト』など。

Advertising