ニュース / フード&ドリンク

nu dish Mousse Deli&Cafeで栄養価の高いムース食を楽しんできた

nu dish Mousse Deli & Cafe

世界一の朝食で知られるレストランbillsやチョコレートバーMAX BRENNERなどを展開するトランジットジェネラルオフィスがプロデュース、運営を行うnu dish Mousse Deli&Cafe(ニューディッシュ ムース デリカフェ)が2015年12月17日(木)にオープンする。同店は、池尻大橋の路地裏にある予約の取りづらいフレンチとして知られ、人気を博しているレストランOGINOのオーナーシェフ荻野伸也が監修するデリカフェだ。

同店の特徴は「ムース食」。ムース食とは、病院、社会福祉施設への食のサービスを行っている日清医療食品により開発された、噛むことや、飲み込むことが困難な人向けの食べやすさに配慮したユニバーサルデザインフードだ。このムース食をソースやパイの具材に使用し、栄養価が高くヘルシーなメニューを提供する。

 

 50席設けられた店内では、終日イートインが可能。ランチタイムは、主食から1品、冷菜、温菜から2品ずつ選びスタッフが盛りつけてくれるデリスタイルで、ドリンクとセットで1,200円。テイクアウトも可能だ。

また、いつ来店しても新しい味を楽しめるように、季節の野菜を使ったメニューを週替わりで提供する。今回の試食会で選んだのは、『雑穀ごはん』、『タコのタブレ』、『赤キャベツ・リンゴ・セロリのサラダ』、『パテ・ド・カンパーニュ』、『キーマカレー』。レストランOGINOの代名詞である、日本人の口に合うように作られたクセのない、『パテ・ド・カンパーニュ』を気軽に味わえることも嬉しい。ディナーメニューでは、荻野シェフ自慢の、肉を加工した料理シャルキュトリーから上品なデザート、アルコール類などを楽しめる。

銀座で働く人々の健康を支える、美味しくヘルシーな食事を提供する店で楽しい時間を過ごしてみてはいかがだろう。

nu dish Mousse Deli&Cafeの詳しい情報はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments