ニュース / シティライフ

江戸時代から続く、金魚坂で金魚すくいとコーヒーを楽しむ

Kingyozaka

室町時代に中国から伝来したという金魚は、江戸時代後期に第1次ブームを迎える。このころになると養殖業が発達したため、庶民の間で金魚の飼育が流行。金魚売りは江戸の夏の風物詩になったという。金魚坂はそんな江戸時代に創業した350年もの歴史を持つ養殖場だ。

東京大学のメインキャンパスから程近い場所にある金魚坂。敷地内には、金魚鉢や水槽がずらりと並び、様々な種類の金魚や錦鯉が泳いでいる。これらの魚は販売されており、夏の風物詩でもある「金魚すくい」がいつでも楽しめるほか、鯉や金魚が泳ぐ釣り堀で「金魚釣り」もできる。

この養殖ゾーンを通り抜けて、併設されたカフェに入ると、外とはまた異なる雰囲気に驚かされる。池のひとつを改装して建てられたという、吹き抜けの広々とした洋風の店内には、グランドピアノが置かれ、ゆったりとした時間が流れているのだ。店内の壁には、吉田晴亮商店の4代目吉田新之助が勧進元となって行われた金魚の品評会での番付表が飾られ、ここからも歴史を感じることができる。

名物の『ビーフ黒カレー』は柔らかく煮込まれた肉が口の中で溶け、濃厚だが上品な味わい

金魚坂は近隣の人からも愛されており、開店して間もなくするとランチに訪れる客でほぼ席が埋まっていた。メニューはコーヒーや、中国茶、スイーツのほか、アルコール類、葉巻まで揃い、食事のメニューは、予約必須の本格懐石や、定食メニューなどがある。『ビーフ黒カレー』を注文すると、金魚が描かれた器に入れられたデザートや箸置きがさりげなく添えられていて、金魚への愛を感じさせられた。歴史ある少し不思議な都会の隠れ家でのんびりとした時間を過ごしてみてはいかがだろう。

また、2016年2月にスタートした動画ガイド『PLAY▶TOKYO』では、金魚坂を実際に訪れた様子を動画で見ることもできるので、こちらもあわせてチェックしてほしい。

『金魚坂』の詳しい情報はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments