ニュース / レストラン

松陰神社通り商店街に、カフェスタイルの松崎煎餅がオープン

松﨑煎餅

1804年創業の老舗の和菓子屋、松崎煎餅がのんびりとした空気の流れる松陰神社通り商店街にオープンした。同店は、創業当初の「街のおせんべい屋さん」という存在に立ち戻り、また、松崎煎餅の和菓子をもっと多くの人に知ってもらおうという思いから、カフェスタイルの新業態としてこの街に出店した。

 

松陰神社を背に駅から少し歩くと、ガラス張りのモダンな外観が目に入る。店内に入ると、物販とカフェスペースに分かれており、カフェスペースでは、フードと甘味のメニューを揃える。

メニューの中では、料理研究家の稲垣晴代が主催するフードユニット「MOMOE」の1日15食限定のランチプレートを勧めたい。MOMOEの料理は、化学調味料を使わず、有機野菜を使用することにこだわり、見た目も鮮やかで美しいのが特徴だ。今回味わった『お惣菜7種盛り定食』は、野菜をふんだんに使い、素材本来の良さがいかされた繊細な味付けのプレートであった。

 

また、看板商品の瓦煎餅『三味胴(しゃみどう)』とコーヒーがセットになったメニューも用意している。この一見意外な組み合わせの相性の良さは、副社長の松崎宗平が気に入っているものだ。コーヒー豆は、スペシャリティコーヒーショップ「THE FIVE BEANS」のものを使用し、ハンドドリップで丁寧に淹れてくれる。

そして、「地域密着」をひとつのテーマにしている同店では、子ども連れが多い同エリアの特性に配慮し、ベビーカーが通れるスロープの設置や、トイレのスペースを広くとるなどの工夫が施されている。また、親子で参加可能な瓦煎餅に絵付けをするワークショップなども今後開催し、地域との繋がりを深めていく。

松﨑煎餅 松陰神社前店の詳しい情報はこちら
関連記事
松陰神社前、ご近所ガイド

物販では、創業より受け継がれる瓦煎餅など煎餅の販売を行うほか、同店限定商品として揚げ餅が販売されている

 

 

 

 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments