ニュース / スタイル&ショッピング

日本人も利用できる空港型の免税店、三越銀座にオープン

日本人も利用できる空港型の免税店、三越銀座にオープン

日本から出国する国内外の旅行者を対象とした免税店が2016年1月27日(水)、三越銀座8階にオープンした。沖縄を除いては、日本初の空港型の免税店となる。ここでは、日本を訪れた外国人はもちろん、海外旅行などで出国する予定があれば日本人(日本に住んでいる外国人)も免税されるという同施設を紹介する。

 

 

 

 

 

 

「TAX FREE」という言葉を掲げた免税店を街中で目にしたことがある人も多いと思うが、空港型市中免税店(空港型の免税店)がこれらの免税店と大きく違うのは、消費税のほかにも、関税、酒税、たばこ税が免税対象となること。空港内に設けられている免税ショップを想像してもらうと良いだろう。免税の対象となるのは、日本から出国する国内外の旅行者。というのも、商品の受け渡しが成田空港や羽田空港での出国手続き後になるからだ。日本に旅行に来ている人はもちろん、海外に旅行する人もお得にショッピングを楽しむことができる。

 

 

 

 

 

同施設を訪れたら、まずレセプションカウンターへ。パスポートと航空券(そのほか、ツアーの日程表など海外への出国が確認できるものなら可能)を提示し、会計時に必要となるショッピングホルダー(商品を購入する際に見せるカードのようなもの)を受け取ったらショッピングスタートだ。

 

 

 

 

 

化粧品を扱うゾーンや、ラグジュアリーゾーン、アルコールやタバコのゾーンなど、充実した品揃えで目移りしてしまいそうだが、なかでも注目なのがThe 800 hands Japanese Beautyというゾーン。「The 800 hands」は「たくさんの職人の手」を意味しており、東京が誇る匠の繊細な手仕事の魅力を世界に発信している「東京手仕事」の商品や、伝統工芸品など、「旅の思い出になる買い物体験をしてほしい」という想いのもと様々な商品が展開されている。

 

 

 

 

 

商品は、日本を訪れた外国人目線でセレクトされているが、商品が作られた場所を実際に訪ねたくなるような丁寧なセレクトであるため、日本人にとっても見応えのある商品展開だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ゾーン内には計10面のモニターを設置し、チームラボによるデジタルアートも展開している。内容は四季を感じられるものとなっているが、「春=桜」、「冬=雪」のような固定された考えのものだけではなく、もっと自由にその季節を感じられるような映像で四季折々の変化を見せていくそうだ。

 

 

 

 

 

 

また、同施設中央部に設けられているインタラクティブゾーンも見逃せない。ここでは、中心のテーブルに用意されている特殊なカードをテーブルにかざすと、それぞれのカードに応じた文字や映像がテーブルに浮かびあがるという驚きの体験をすることができる。カードに空いている穴の数によって映し出されるものは変化し、日本語、英語、簡体字、ハングルで店舗の詳細や地図を確認することができるほか、テーブルに映る映像を通してブランドの紹介を見ることも可能。また、アートのカードをかざせば、テーブル上に桜を散らしたり蛍を飛ばしたり、銀座4丁目の交差点を万華鏡を覗いているような感覚で散策することも。様々なコンテンツで、最新テクノロジーを体感してみてほしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アルコールとタバコのコーナーは、パネルを使用して買い物をするシステムとなっており、言語も日本語、英語、簡体字、繁体字、ハングルから言語を選択することが可能。日本を感じられる可愛らしいボトルに入った酒も用意されているので、旅の土産にも最適だ。

 

 

 

 

 

同施設の魅力は、やはりあらゆる商品を免税の対象として購入できること。そして、空港で直接商品を受け取ることができるため、旅行中でも荷物を気にせずにゆっくりとショッピングが楽しめることだ。もちろん、空港でもショッピングを楽しむことはできると思うが、こだわりのゾーン展開や最新テクノロジーを使用した体験ができる点などは同施設ならでは。日本に住んでいる人も、海外への旅行が明確であれば利用することができるので、その際は、ぜひ利用してみてほしい。

Japan Duty Free GINZAの詳しい情報はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments