ニュース / シティライフ

日本の旅と百貨店の魅力を伝える冊子がリニューアル

日本の旅と百貨店の魅力を伝える冊子がリニューアル

タイムアウト東京は、三越伊勢丹グループと『88 things to do in Japan featuring Isetan Mitsukoshi』をリニューアル発行。前回は英語のみでの発行だったが、今回はドイツ語との2言語で展開している。

本誌では、全国にある三越伊勢丹グループの伊勢丹、三越、丸井今井、岩田屋の店舗を、定番の「TODO(=そこでしかできないこと)形式」で紹介。デパ地下や日本らしいギフトラッピングの体験はもちろん、屋上にある神社への参拝や、大理石の床や壁に化石が隠れていることなどについても取り上げているので、買い物だけでなく、様々な百貨店の楽しみ方を知ることのできる一冊となっている。

そのほか、全国の店舗を訪れながら巡ってほしい観光スポットやレストラン、宿泊施設の情報も満載。大自然の中でゆったりと湯に浸かれる黒川温泉や、熱々のうちに味わいたい揚げもみじ、ぜひ一度は体験したい函館の夜景などを紹介している。

残念ながら海外のみでの配布となるのだが、恵比寿のタイムアウトカフェ&ダイナーには本誌を置いているので、ぜひ読みに訪れてほしい。

Advertising
Advertising

コメント

0 comments