• ブログ
  • シティライフ
0 Love It
保存する

敏腕ロボットたちが出迎える、変なホテルがオープン

敏腕ロボットたちが出迎える、変なホテルがオープン

お台場の観光案内所に設置された、3ケ国後を話すアンドロイド『地平ジュンこ』、人型ロボット『Pepper』など、ロボットが接客現場でじわじわと活躍しはじめた昨今。2017年3月15日(水)にロボットが接客を行う、変なホテル 舞浜 東京ベイが千葉県、舞浜にオープンした。

 

同ホテルは、2015年7月に長崎県のハウステンボスが運営する1号棟が長崎にオープンし、「初めてロボットがスタッフとして働いたホテル」としてギネス世界記録証™に認定されるなど話題となった。舞浜では、館内で働く敏腕ロボットたち9種類、140体のロボットがメインに接客を行い、人間のスタッフは7人ほどで、裏方にまわっていることが大きな特徴だ。

ホテルに到着すると、日本語、英語、中国語(簡体)、韓国語が堪能なコンシェルジェの恐竜(ヴェロキラプトル)が出迎えてくれる。この恐竜の前に置かれたタブレット端末を利用してチェックインを進めていくと、ルームキーを自動で手にすることができる。また、ロビーには、巨大なティラノサウルスの模型や、釣りをして楽しむこともできる、水槽に入ったリアルな鯉型ロボット『AIRO』が泳いでおり、テーマパークに来たかのようにわくわくさせられる。

部屋は全部で100室あり、そのなかの1室はバリアフリールームとなる。そして、4階から5階の部屋からはディズニーランドの花火も眺められる

「変化しつづける」というコンセプトの同ホテル。究極の生産性を追い求め、効率化のために導入したというロボットたちは、年を追うごとにアップデートしていく予定で、今後はロボットバー、ロボットカラオケなどの設置も考案中とのことだ。近未来を感じさせる、最先端のホテルへの宿泊を考えてみては。

変なホテル 舞浜 東京ベイの詳しい情報はこちら 

各部屋には『Tapia』と呼ばれる人工知能を搭載したロボットがおり、テレビや空調、照明などのオン、オフを音声などで操作ができる

 洞窟をイメージしたレストラン

 

 

For any feedback or for more information email

コメント

0 comments