ニュース / シティライフ

上野動物園の赤ちゃんパンダ、名前が「シャンシャン」に決定

上野動物園の赤ちゃんパンダ、名前が「シャンシャン」に決定

上野動物園で2017年6月12日に生まれたジャイアントパンダの赤ちゃんの名前が、「シャンシャン(香香)」に決まった。

同園が7月から8月にかけて名前を公募、過去最多の32万2581件が集まった。応募の多かった「ルンルン」や「メイメイ」「ノンノン」など100点の中から、日本パンダ保護協会名誉会長の黒柳徹子ら6人が委員を務める選考委員会が投票。8点に絞った後、中国側との協議などをへて決定した。シャンシャンには5161件の応募があり、「呼びやすく、漢字の『香』は花が開く明るいイメージを連想させる」(都担当者)として選ばれたという。生後6ヶ月となる12月ごろに一般にお披露目される見通し。

中国では、パンダは生後100日を無事過ぎれば丈夫に育つと言われていることから、105日目の9月25日に発表した。

関連記事『上野で買う、パンダ土産15選』 

Advertising
Advertising