ニュース / シティライフ

ロンドンのマクドナルド従業員が初のストライキ決行へ

ロンドンのマクドナルド従業員が初のストライキ決行へ

ロンドン南東部クレイフォードのマクドナルド従業員が、2017年94日(月)にストライキを予定している。イギリスのマクドナルドに対する史上初のストライキだ。ファストフード大手に対し、世界中の人々がともに立ち上がろうとする動きを見せるなか、アメリカの労働者の日(9月の第1月曜日)に合わせて計画された。この歴史的なストには、マクドナルド・ケンブリッジも加わる予定だ。

従業員たちは、最低賃金として時給10ポンドと、安定的な労働時間の保証を要求しており、マクドナルドから正式な労働組合として認知されることも求めている。製パン食品関連労働組合(BFAWU)によると、低賃金と不安定な勤務形態のため、従業員たちは「家賃の支払いをやりくりするのも大変で、家を失った者すらいる」という。

マクドナルドは2013年、雇用者側の要求に応じて従業員が勤務する「ゼロ時間契約」を、全従業員の9割と結んでいることが判明。労働時間が固定されない契約のため、最低賃金を設定する必要もなく、雇用者に一方的に好都合な制度として批判を浴びた。このスト計画に対し、マクドナルドはすでに姿勢の変化を見せている。以前から表明していた固定時間契約の採用を、イギリス国内の全従業員に対して実施すると述べている。

原文

Advertising
Advertising