ニュース / シティライフ

ロイヤルパークホテル全客室にタイムアウト東京マガジンが設置

royal park hotel

東京の魅力を様々な角度から掘り下げ、国内外に発信しているタイムアウト東京。2012年から季刊で発行しているフリーマガジンは、先月末には14号となり、この街を訪れるインターナショナルな人々だけでなく、住人にも顔馴染みとなっていることだろう。

そんなタイムアウト東京マガジン(英語版)が日本橋のロイヤルパークホテル全419の客室、並びにエグゼクティブラウンジに設置されることになった。これでマンダリンオリエンタル東京、グランドハイアット東京と合わせ3つのホテルで宿泊客を出迎えることになる。

ロイヤルパークホテルといえば、安産祈願や宮参りで人気の高い水天宮に隣接していることでも知られる。多くの家族連れが参拝後に食事をしたり、前泊に利用したりするホテルだ。

東京メトロ半蔵門線水天宮前駅直結のうえ、空港までのリムジンバス発着所である東京シティエアターミナルと隣接しており、羽田空港までは約25分、成田空港へも約55分で到着することができる。まさに東京の空の玄関口といっても過言ではないホテル。そのアクセスの良さと、1989年の開業当初から受け継がれる最上級の日本のおもてなしで多くの国際ビジネスマンや訪日観光客からも選ばれているのだ。

 

タワースイート

 

 

 

 

 

 

 

 

全客室にタイムアウト東京マガジンが設置された

 

 

9つの飲食施設のほか、スパや宴会場が揃い、あらゆる場面での利用が可能だ。宿泊も様々なプランが用意されており、12〜18階はエグゼクティブフロアとなっている。今年3月にコンセプトを一新し生まれ変わったレストラン『シンフォニー』も見逃せない。

タイムアウト東京マガジンは引き続き空港や駅、観光案内所、ショップ、宿泊施設など全国約400ヶ所で配布されているので、見かけたらぜひ手に取ってみてほしい。英字媒体だが、東京に住んでいると逆に気がつかなかったような、この街の個性を写真とともに外国人目線で取り上げているので、英語が読めなくてもパラパラとめくるだけで楽しめること間違いなしだ。

 

首都高速道路の箱崎JCTに隣接しておりアクセスは最高だ

 

 

 

 

 

同ホテル20階のエグゼクティブラウンジ

 

 

 

 

 

ラウンジの書棚でもタイムアウト東京マガジンは利用者を出迎える

 

 

 

Advertising
Advertising