ニュース / フード&ドリンク

ニューヨークの人気ハンバーガーショップ、Shake Shackに行ってきた

Shake Shack

本日、2015年11月13日(金)にオープンする、シェイクシャック(Shake Shack) 外苑いちょう並木店を訪ねてきた。シェイクシャックは、ニューヨークのマディソンスクエアパークの片隅でホットドッグカートとしてスタート。2004年からはハンバーガースタンドとして営業を始め、現在では、国内12の州、ロンドン、イスタンブール、ドバイ、モスクワとワールドワイドに展開をしている。 いよいよ日本に上陸となったシェイクシャックだが、ぜひ味わってもらいたい人気の秘密をえよう。

 

 

まず、やみつきになる味ということだ。看板メニューの『Shack Burger(シャックバーガー)』は、ホルモン剤を使用しない100パーセントナチュラルのアンガスビーフを使用しており、ミディアムに焼き上げられた挽きたての牛肉は柔らかく絶品。バンズには、ジャガイモを練り込んでありふわふわの食感を楽しめる。シンプルな味付けで、小ぶりながらも食べ応えがあるバーガーだ。良い素材を使用しながらも『Shack Burger』のシングルは680円。気軽に味わえる価格設定なのも嬉しい。そのほか、マッシュルームを使用したベジタリアンバーガーなども用意。

 

 

 そして、シェイクシャックは、経営者の「ハンバーガーレストランに行く経験を豊かにしてほしい」という思いから、素材へのこだわりはもちろんアメリカの通常のハンバーガー店では珍しい、ビールやワインなどアルコール類のメニューも揃えている。日本では、ブルックリンにあるビール醸造所Brooklyn Brewery(ブルックリンブルワリー)が考案したバーガーに合うオリジナルの『Shack Meister Ale(シャックマイスターエール)』、カルフォルニアのワイナリーがボトリングしたワイン『Shack Red or White(シャック レッド、ホワイト)』などがバーガーとともに楽しめる。

また、マディソンスクエアにある1号店を意識して選ばれた、外苑いちょう並木店の緑豊かなローケションも魅力の1つ。広いテラススペースでのんびりと過ごすのも良し、設けられた卓球台で遊ぶのも食後の良い運動になるだろう。犬用メニューもあるので散歩中にふらりと寄れるのも嬉しい。

 

 「野菜畑の中に放りこまれたウィンナーを食べているような感覚で味わえる」とメニュー開発担当のマーク・ロサッティが表現していた、野菜たっぷりのホットドッグは、シェイクシャックの原点となるメニューだ。

日本限定メニューとなる、 フローズンカスタードを高速でミックスした「濃厚だから逆さにしても落ちない」新しいアイスクリーム『コンクリート』。4種類の味があり、チョコレートカスタードにドミニクアンセルベーカリーがシェイクシャックのために毎朝焼き上げている『ミルクチョコレートポップコーンブラウニー』が入った『Shack Attack(シャックアタック)』はぜひ味わってほしい。

今後、シェイクシャックは、2020年までに日本国内で10店舗まで増やしていく。

シェイク シャック 外苑いちょう並木店の詳しい情報はこちら

 

 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments