ニュース / 演劇&パフォーマンス

カワイイモンスターカフェ、12月より体験型のエンタメショーを開催

カワイイモンスターカフェ、12月より体験型のエンタメショーを開催

原宿のカワイイモンスターカフェ ハラジュクがオープン2周年を記念し、2017年12月4日(月)から、期間限定で体験型のエンターテインメントショー『モンスターパレス』を開催する。

『モンスターパレス』では、色鮮やかでポップなカワイイモンスターカフェがダークな雰囲気の劇場に一変。世界的に有名な戯曲や物語を題材に、躍動感溢れるショーと、その世界観にリンクした料理が提供される。12月の初公演では、ウィリアム・シェイクスピアの「真夏の夜の夢」を表現したショーと料理を楽しむことができる。

ショーはステージだけでなく、店内全体を使って展開される。自分の隣をパフォーマーが駆け抜けていったり、目の前でダンスが披露されたり、終始楽しませてくれる内容だ。さらには、席を離れて、自分の好きな場所でショーを見ることも可能。場所によっては、キャストがステージから目の前に飛び降りてくる大迫力の場面に遭遇できるかもしれない。

 

 

 

キャストの1人。キャストのなかにはシルク ドゥ ソレイユで活躍していたパフォーマーもいる

 

パフォーマンスに夢中になってしまう人も多いかもしれないが、料理を堪能するのも忘れずに。ショーの合間合間で、ストーリーの内容に合わせた4品が提供される。公演前なので詳しい内容は伏せようと思うが、「世界観にリンクした料理」と言ってもなかなかイメージがしにくいと思うので、1品だけ紹介しよう。2品目として運ばれてくる『FOREST INN 夜霧のFOREST SALAD』は、ストーリーの舞台が夜の森に突入していく様子を表現した料理。オリーブとツナで作った「土」を用いて、森の雰囲気を出している。迷って混乱する様子や夜の霧は、桜チップの燻製(くんせい)で表現。料理の中心にはクロコダイルの手が置かれ、森の恐怖も表している。クロコダイルの手は食用のもので、実際に食べることもできるそうだ。 

 

『FOREST INN 夜霧のFOREST SALAD』。国産牛のタルタルと土の相性が抜群。土を絡めながら一緒に食べてほしい

 

公演は、2017年12月から2018年5月までの開催を予定。チケットは、現在オフィシャルサイトにて販売されている。迫力あるショーを見ながら、その世界観を表した料理を楽しめるというのは、なかなかユニークな体験だ。ほかでは味わうことのできない、特別な時間を過ごせることだろう。 

カワイイモンスターカフェ ハラジュクの詳しい情報はこちら

 

テーブルの上に置かれている紙。専用のライトを当てると文字が浮び出てくる

 

 

 

Advertising
Advertising