ニュース / フード&ドリンク

もったいない野菜を使用したレストランが代官山に誕生

もったいないファーム

ほんの少し傷がついていたり、曲がっていたり、指定サイズに満たなかったり、逆に大きかったり。味にはまったく問題がないのに出荷することのできない野菜がたくさんある。そんなB級品、C級品と呼ばれる買い手が付きにくい「もったいない野菜」をも受け入れ、美味しい料理として提供するレストラン〜Mottainai Farm〜Radiceが2015年9月30日(水)、代官山駅からすぐのところにオープンした。

 

 

 

 

 

同店は朝の7時から夜の11時まで営業しており、モーニングメニュー、ランチメニュー、ディナーメニューがそれぞれ用意されている。モーニングメニューだけでも、採れたての新鮮野菜を味わえる『農園直送サラダボウル』(900円)や厚切りパンで楽しむ『フレンチトーストセット』(750円)など、6種類のメニューが用意されている。下記の写真は同店おすすめの『モーニングライスセット』(1,200円)。十五穀米の飯に阿波尾鶏のジンジャーソテーが添えられており、朝からしっかりとした朝食をとることができる。また、アボカド豆腐やサラダ、スープもついてバランスも抜群だ。充実した朝食をゆっくりと食べたいときにぜひ利用したい。

 

『モーニングライスセット』(1,200円)

 

 

 

 

 

 

もし、朝は軽く済ませたいというのならば、こちらの『生きてる野菜ジュース』がおすすめだ。疲労回復やストレス解消に効く『リセットジュース』や二日酔いに抜群な『ハングオーバージュース』(各950円)など、全5種類。こちらのドリンクは、さらさらとした液体というよりも、ミキサーにかけた野菜や果物をそのまま味わえるようなドリンク。ドリンク1杯でも腹に溜まるため、朝食として利用するのにも最適だ。下記に紹介するのは、りんご、デラウエラ、トマト、オレンジ、アボカド、にんじんが入った『ビューティー100ジュース』。市販の野菜ジュースのような飲みやすさはないが、新鮮な野菜や果物の味をしっかりと堪能できる。果物も多く使用されているため、ほどよい甘さだ。野菜が相当苦手でなければ飲みにくさは感じないだろう。

『ビューティー100ジュース』(950円)

 

ランチやディナーで訪れるのならば『本日のランチプレート』や『本日のパスタセット』、『本日のモッタイナイメニュー』など、「本日の」シリーズをぜひ選んでほしい。これらのメニューには旬な食材が使用されているほか、その日に届いた野菜で考えられているメニューだそう。完熟しているがために出荷することのできない食べ頃な野菜が使用されることもあるので、まさに旬を味わうことができる。また、ディナー限定のメニューだが名物の『選べるトッピングサラダ』や『お任せサラダ』ははずせない。『選べるトッピングサラダ』は、野菜やスモークサーモン、ブルーチーズなど19種類のトッピングと、クルトンやベビースターなど5種類の無料トッピングから好きなものをチョイスしてサラダを注文することができる。何を選んで良いか分からない人は、『お任せサラダ』で注文してみよう。写真は4人〜6人用の『お任せサラダ』Lサイズ(1,800円〜)。かなりボリューミーに見えるが、6人で食べるならあっという間になくなってしまうだろう。

 

『お任せサラダ』Lサイズ(1,800円〜)

毎朝届くもったいない野菜

 

 

 

 

 

 

 

また、店舗入口にはもったいない野菜や有機野菜を販売するマルシェも。野菜の購入のみも可能なので、ぜひ新鮮な野菜を手に取ってみよう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

捨てられてしまう野菜を有効活用している同店。営業時間が長いほか外にはテラス席も用意されているので、出勤前や愛犬との散歩の休憩など、様々なシーンで活躍しそうだ。

〜Mottainai Farm〜Radiceの詳細はこちら

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments