ニュース / シティライフ

『浅草・墨田でしかできない67のこと』(英語版)の第3版がリリース

『浅草・墨田でしかできない67のこと』(英語版)の第3版がリリース

2016年3月に第1版、7月に第2版がリリースされた、『67 things to do in Asakusa・Sumida(英語版)』に、早くも新版が登場。東武鉄道株式会社とともに発行する同マップは、外国人観光客に圧倒的な人気を誇る浅草や東京スカイツリー周辺を中心に、亀戸や曳舟、東向島、両国など、知る人ぞ知る老舗や隠れた名店が軒を連ねるエリアも網羅し、最新の下町文化を伝えている。

名菓やものづくりをはじめ、居酒屋、バー、カフェ、ミュージアムなど、定番の観光スポットはもちろん、地元住民に愛されているローカルな名店も紹介している同マップ。今回は、墨田区のものづくり文化の現在を知ることができるヴェニューを中心に、10軒のヴェニューが新たに登場した。

 

「すみだ」発のファクトリーブランド『ikiji』のショップ、Ikiji Store。シャツ、ニット、レザー、裁断、縫い、それぞれの分野において高い技術を持つ墨田区の職人たちの集団として、ポロシャツやニットをはじめ、ファッションから雑貨、財布や名刺入れなどの小物まで、様々な商品を展開している。江戸の小紋柄を現代風にアレンジするなど、「粋」をコンセプトに、シンプルかつ個性的な商品が並んでいる。

 

 

浅草、吾妻橋近くのHis-Factoryは、1階が工房、2階がショップの、革のバックと小物の専門店。オーダーメイドも行っている同店は、植物タンニンでなめした最上級のイタリアの革を厳選し、デザイン、制作の工程を職人がすべて手作りで行っている。シンプルで使い勝手の良い洗練されたデザインと、美しい色合いは同店の製品ならではだ。

同マップは2016年11月25日(金)より、都内の主要ホテルや観光案内所、地下鉄の駅などで無料配布される。言語は英語のみとなるが、眺めるだけで下町風情を感じられる仕上がりとなっているので、ぜひ手に取って下町散策に役立ててほしい。

Advertising
Advertising

コメント

0 comments