ニュース / シティライフ

『東京でしかできない88のこと』(英語版)第5版がリリース

東京マップ5th

ローカルエキスパートの名にかけて、ひとつの街を掘り下げる地区フォーカス型マップが主流なタイムアウト東京のガイドマップシリーズ。その情報を集約させることによってでき上がるのが、東京全体の最新、注目スポットを掲載する『東京でしかできない88のこと』(英語版)だ。その人気は言わずもがな、ありがたいことに前回の第4版から半年にして第5版として増刷が実現した。

今回も、都内高級ホテルの有能なコンシェルジュたちが所属する組織「レ・クレドールジャパン」のメンバーと協力し、タイムアウト東京編集部が共同で厳選した、めまぐるしく変化する東京のお出かけシーンをカバーした88ヶ所。

観光客にとって、ひとつの街で1日を費やすような贅沢な時間の使い方は難しいもの。しかしこのマップは東京全体が俯瞰でき、行ってみたいスポットが果たしてどういう位置関係にあるのかが一目で分かるので行動の計画も立てやすい。たとえば、銀座に新しくできた東急プラザ銀座で買い物、その後東京駅から中央線で中野ブロードウェイに向かい8段アイスに挑戦し、新宿に戻ってきたらBEAMS JAPANで日本の伝統と最新トレンドの融合を体感。そして小田急線に乗り豪徳寺で大量の招き猫と記念写真。というように、東京を駆け回ることができる。

今春からタイムアウト東京のロゴが新しくなったことに伴い、表紙もロゴに合わせて少し大人っぽく洗練されたものに仕上がっている(あくまでも編集部内の意見だが......)。

価格は、これまでのマップシリーズ同様に無料。観光案内所や主要ホテル、駅などで配布される。誰もがアクティブになれるこの季節、当マップを片手に東京散策を楽しんでみてはいかがだろう。

 

中野ブロードウェイにあるDaily Chikoでは8段ソフトクリームが490円で手に入る

 

 

 

 

 

 

 

BEAMS JAPANでスタイリッシュなこけしに遭遇

 

 

 

 

 

豪徳寺では大量の猫たちが福を招いている

 

 

Advertising
Advertising

コメント

0 comments