フェルナンド・カブサッキ ジャパンツアー 2020

音楽
フェルナンド・カブサッキ ジャパンツアー 2020

タイムアウトレビュー

アルゼンチン音響派を代表するギタリスト、フェルナンド・カブサッキ来日公演が、下北沢の440で2日間にわたって開催される。

フアナ・モリーナのサポート・ギターの担当や、キング・クリムゾンのロバート・フリップが主宰するリーグ・オブ・クラフティ・ギタリスツの一員としてフリップの世界ツアーにも帯同するなど多方面で活躍する彼は、日本の音楽シーンとも縁が深く、今回のツアーも日本の手練れアーティストたちとのセッションを行う。

初日は、初来日時に共演して以来の盟友、勝井祐二、沼澤尚、鬼怒無月、2日目は勝井祐二、ナカコー、ermhoi、といった面々となっている。

自由で愛しみにあふれたカブサッキのギターのトーンに、じっくりと耳をすましてみてほしい。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト http://440.tokyo/events/20200131/
関連情報