デヴィッド・T. ウォーカー

音楽, ジャズ
デヴィッド・T. ウォーカー

タイムアウトレビュー

世界一ソウルフルなギタリストとして知られ、アメリカはデトロイト発祥のソウルミュージックレーベル、モータウン・レコードの黄金期を築いたデヴィッド・ティー・ウォーカー(David T. Walker)が、Billboard Live TOKYOに登場。77歳の今なお現役で活動を続ける彼は、60年代から数え切れないセッションに参加し、アレサ・フランクリン、マーヴィン・ゲイ、ダイアナ・ロスらのバックを務めた名ギタリストだ。また、ジャクソン5、マイケル・ジャクソン、クインシー・ジョーンズ、スティーヴィー・ワンダーら、数多くのビッグネームの名作にも参加し、華やかなプレイを披露してきた。日本においても、井上陽水や安室奈美恵、阿川泰子、DREAMS COME TRUEなどとも共演している。レジェンドギタリストのプレイを間近で体感できる絶好の機会となる。

掲載日

詳細

関連情報