カマール・ウィリアムス

音楽
カマール・ウィリアムス

タイムアウトレビュー

UKジャズシーンの新鋭であり、ヘンリー・ウー(Henry wu)名義でDJ兼プロデューサーのキャリアを持つ、カマール・ウィリアムス (Kamaal Williams)が来日。カマール・ウィリアムスとしては、United Vibrationsなどで活動するドラマー、Yussef Dayesとのジャズユニット、ユセフ・カマール(Yussef Kamaal)での活動も記憶に新しい。ユセフ・カマールは残念ながら、アルバム『Black Force』のリリース後解散してしまったが、彼らの創り出した「ジャズ」という言葉だけでは片付けられない様々な要素が詰まったグルーヴは、普段ジャズを聴かない若いクラブミュージックファンをも魅了した。2018年にリリースしたカマール・ウィリアムスとしてのデビュー・アルバム、『The Return』は、彼独自のコズミックなジャズを展開しつつ、ダウンビートやハウス・ミュージック的な要素もふんだんに取り入れた作品に仕上がっている。UKジャズシーンとクラブシーンのスピリチャルなクロスオーバーを体感してほしい。

詳細

関連情報