くちづけ~現代音楽と能~

音楽, クラシック&オペラ
くちづけ
1/2
エトヴェシュ・ペーテル (c)Marco Borggreve
くちづけ
2/2
青木涼子 (c)Hiroaki Seo

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

ハンガリーと日本の国交樹立150周年を記念した舞台公演。ハンガリーを代表する作曲家エトヴェシュ・ペーテル(Eötvös Péter)が、アレッサンドロ・バリッコ(Alessandro Baricco)の『絹』に想を得て作曲した新作『くちづけ』を上演する。ブダペストとケルンで作曲を学んだエトヴェシュは、ピエール・ブーレーズ(Pierre Boulez)の後を継いで、アンサンブル アンテルコンタンポランの音楽監督兼指揮者も務めた経験も持つ。演奏するのは、能『葵上』を現代音楽とのコラボレーションで再構築した作品『能オペラ AOI』で話題を呼んだ「能×現代音楽アーティスト」の青木涼子(あおき・りょうこ)ら。青年団の平田オリザが演出を手がける、贅沢な舞台作品となっている。

詳細

イベントのウェブサイト http://www.t-bunka.jp/stage/host_10968.html
関連情報