立石様

立石
立石様

立石児童遊園の中にひっそりと佇む立石様は、立石の地名の由来ともなった石。岩質は、凝灰岩で表面に貝の生痕を残しているのが特徴。この石は房総半島の鋸山の海岸部に産出するもので、本来は古墳時代後期に古墳石室の石材として用いるために運び込まれた。その後、奈良時代以降に古代東海道の整備の際に目印として転用されたものと推定されている。江戸時代には、『活蘇石』『根有り石』などと呼ばれ、地下の状況がうかがい知れない大変に不思議な奇石として人々に崇められた。この石の根元を掘り下げようとした者もいたがいくら掘っても根元は現れず、しかも関係者の間で疫病が発生したため、石祠を建てて立石稲荷神社として祀ることとなったらしい。都市伝説や心霊スポットとしても人気(?)のある立石様。立石が好きな飲ん兵衛は是非、食休みがてら訪れ、立石様に手を合わせよう。

掲載日

ヴェニュー名 立石様
住所 葛飾区立石8-37-17(立石児童遊園内)
東京

アクセス 京成押上線『京成立石』駅 徒歩15分
Static map showing venue location
LiveReviews|0
1 person listening