豊田利晃作品 狼蘇山三部作 新春特別上映

  • 映画
  1. Photo: 豊田利晃監督作品 狼蘇山三部作『狼煙が呼ぶ』『破壊の日』『全員切腹』
    Photo: 豊田利晃監督作品 狼蘇山三部作『狼煙が呼ぶ』『破壊の日』『全員切腹』
  2. Photo: 豊田利晃監督作品 狼蘇山三部作『狼煙が呼ぶ』『破壊の日』『全員切腹』
    Photo: 豊田利晃監督作品 狼蘇山三部作『狼煙が呼ぶ』『破壊の日』『全員切腹』
広告

タイムアウトレビュー

映画『青い春』や『ナイン・ソウルズ』などで知られる監督、豊田利晃の「狼煙山3部作」が、シネマート新宿の新春上映に決定した。架空の「狼蘇山神社」が舞台という共通点を持つ、3部作『狼煙が呼ぶ』『破壊の日』『全員切腹』は、豊田が2019年から2021年にかけて1本ずつ制作。企画と脚本、プロデュースを手がけた意欲作だ。

期間中の2022年1月14日(金)〜16日(日)には、ベントを実施。14日には豊田と切腹ピストルズの飯田団紅(いいだ・だんこう)が登壇、2人の出囃子(でばやし)演舞ユニット狼蘇らせ隊❤︎がパフォーマンスを行う。15、16日の上映後には、俳優の窪塚洋介と渋川清彦が観客から募集した質問に全てに答えるという特別企画 『窪塚洋介 VS 全観客』 (15日)、『渋川清彦 VS 全観客』(16日)を実施する。

チケットは12月28日(火)から発売。上映は、シネマート新宿に導入されたブーストサウンドで体感できるというのも見逃せない。極上の爆音で映画の世界に没入しよう。

詳細

住所
広告
関連情報