SHIBUYA de French Cinema

映画
1/4
2/4
(c)Why Not Productions『パリの恋人たち』12月13日(金) Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー 配給:サンリス
3/4
(c)CG CINEMA / ARTE FRANCE CINEMA / VORTEX SUTRA / PLAYTIME『冬時間のパリ』12月20日(金) Bunkamuraル・シネマほか全国順次ロードショー 配給:トランスフォーマー
4/4
les créatures - marilou parolini (c) varda estate「RENDEZ-VOUS avec AGNÈS アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」12月21日(土)より、シアター・イメージフォーラム他全国順次公開 配給:ザジフィルムズ

タイムアウトレビュー

この冬はフランス映画がアツい。渋谷では多数のフランス映画が上映され、それに伴うスタンプラリーとトークイベントが開催される。

公開するのは、フランスの3世代の監督たちの作品。Bunkamura ル・シネマでは、ルイ・ガレル監督作品『パリの恋人たち』、オリヴィエ・アサイヤス監督作品『冬時間のパリ』を上映。そして、シアター・イメージフォーラムでは「アニエス・ヴァルダをもっと知るための3本の映画」と題し、『アニエスによるヴェルダ』『ラ・ポワント・クールト』『ダゲール街の人々』の新旧3作品を特集する

12月2日(月)には渋谷ヒカリエで、最新作の『ルポタージュ』が話題の漫画家、売野機子をゲストに迎え、Webメディア『She is』編集長の野村由芽を聞き手に、3作品の見どころを語るトークイベントが開催。また、12月13日(金)から1月31日(金)までは、各監督の合計3作品のスタンプを集めて、ディナーコースペア食事券などに応募できるスタンプラリーが開催される。

3人の監督の映画作品を見比べて、フランス映画に夢中になろう。

掲載日

詳細

関連情報