EUフィルムデーズ

映画
『ことの成り行き』
1/5
『ことの成り行き』
© Aichholzer Film / Dominik Bochis / Andreas Buciuman
2/5
© Aichholzer Film / Dominik Bochis / Andreas Buciuman
『ポルトガルの女』
3/5
『ポルトガルの女』
©2019 Insolence Productions – Les Films Fauves – Kwassa Films
4/5
©2019 Insolence Productions – Les Films Fauves – Kwassa Films
© Charlie De Keersmaecker
5/5
© Charlie De Keersmaecker

タイムアウトレビュー

「映画で旅するヨーロッパ」をテーマに開催される『EUフィルムデーズ』。

今年は、トロント国際映画祭で注目されたスロべニア初のLGBT作品『ことの成り行き』、ブルガリアのスリラー映画『完全監視』、人間の女性とテーマパークの巨大なアトラクションとの恋を描いたラブロマンス『恋する遊園地』、日本初公開となる『ファイト・ガール』などを含む、全27作品がラインアップする。

本イベントはオンラインと会場の両方で開催される。なお、オンラインは無料上映のため、各作品先着400人まで視聴可能。一部作品のみ配信。この夏は欧州映画にどっぷりと浸ってみては。

※新型コロナウイルス感染拡大の影響により会期が変更になる場合があるため、最新情報は公式ウェブサイトで確認してほしい。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://eufilmdays.jp/
関連情報