EUフィルムデーズ

  • 映画
  1. EUフィルムデーズ
    画像提供:EUフィルムデーズ『ピサの約束』
  2. EU フィルムデーズ
    EU フィルムデーズ
  3. EUフィルムデーズ
    EUフィルムデーズ
広告

タイムアウトレビュー

今年で20回目となる、ヨーロッパの国々の映画を上映する祭典が開催。多様性と社会的包摂(社会的に弱い立場にある人を排除や孤立させることなく、ともに支えあう社会)をテーマに掲げ、ヨーロッパの歴史や社会問題にフォーカスした計31作品を上映する。

薬物依存と戦いながらダンスに向き合う少年を描く『ホーホヴァルト村のマリオ』(5月29日(日)12時30分から)や、老いと孤独そこから生じる疎外感を描いた作品『老人』(6月4日(土)15時から)など日本初公開作品をラインアップ。そのほか、オランダからはノベルト・テル・ハルが監督する『ピサの約束』を上映(6月11日(土)17時30分から)。

作品の一部はオンラインからも視聴ができる、ベルギーの首都ブリュッセルで暮らす6歳の少年2人に焦点を当てたドキュメンタリー『Aatos ja Amine』など、限定作品も見逃せない。

各国の近作や話題作を通して、EU各国の魅力と文化的多様性を体験しよう。

国立映画アーカイブにて/上映時間は作品によって異なる、月曜は休映日/オンライン上映は7月8日(金)〜31日(日)/公式イベントページはこちら

 

詳細

イベントのウェブサイト
eufilmdays.jp/
住所
価格
520円 、高校・大学生・65歳以上310円、 小・中学生100円
営業時間
上映時間は作品によって異なる
広告
関連情報