花開くコリア・アニメーション+アジア in 東京

  • 映画
  1. 『マスコット』キム・リハ
    『マスコット』キム・リハ
  2. 『動きの事典』チョン・ダヒ
    『動きの事典』チョン・ダヒ
  3. 『魔王の娘、イリシャ』チャン・ヒョンユン
    『魔王の娘、イリシャ』チャン・ヒョンユン
広告

タイムアウトレビュー

※新型コロナウイルスの流行により、本イベントは開催延期となりました(時期未定)

韓国アニメの魅力が詰まったイベントが開催。韓国の『インディーズ・アニメーション映画祭』の最新上映作から短編20本、アジア各地から集めた傑作11本を上映するほか、チャン・ヒョンユン監督の最新長編作品『魔王の娘、イリシャ』をプレミア上映する。

4月25日(土)には、上映作品の一つである『くじらの湯』の監督、キヤマミズキをゲストに招いてトークショーを実施。26日(日)には『創造的進化』の監督ソンヨンソン、音楽監督の佐藤亜矢子、プロデューサーの面髙さやかによるトークショーを行う。社会を投影しながら、多彩な技法で描かれる韓国アニメを心ゆくまで堪能してほしい。

詳細

イベントのウェブサイト
anikr.com/2020/venue-tokyo/
住所
広告
関連情報