現代アメリカ異才作家 ゆかいな3人組

  • 映画
広告

タイムアウトレビュー

ゴールデンウィーク終盤の5月7日、新文芸座ではオールナイトでチャーリー・カウフマンを堪能するイベントが開催される。チャーリー・カウフマンが脚本を担当した、スパイク・ジョーンズ監督作品『マルコヴィッチの穴』(1997)、ミシェル・ゴンドリー監督作品『ヒューマンネイチュア』(2001)と『エターナル・サンシャイン』(2008)、そして自身の監督デビュー作となった『脳内ニューヨーク』(2008))。この4本が22時から翌6時まで上映される驚異の一夜だ。

詳細

イベントのウェブサイト
www.shin-bungeiza.com/allnight.html
住所
営業時間
May 7 22時00分から翌6時00分
広告
関連情報