ラテンビート映画祭

映画 2020年12月13日 まで
1/6
Forgotten We'll Be
2/6
Entre tu y Milagros
3/6
VIVOS
4/6
Courtroom 3H
5/6
Moral Order
6/6
Epicentro

タイムアウトレビュー

ラテン各国の最新作を含む、選りすぐりの作品を観ることのできる映画祭が開催。新宿バルト9では、コロンビアの著名な作家エクトル・アバド・ファシオリンセが、医師である父親の波乱の人生をつづった小説を映画化した『Forgotten We'll Be』がオープニング特別上映として登場する。

そのほか、キューバのハバナで暮らす人々のリアルな日常を追いながら彼らの本音に迫った『エピセントロ~ヴォイス・フロム・ハバナ~』や、2020年ヴェネチア国際映画祭オリゾンティ部門最優秀短編賞を受賞した、思春期の少女の揺れ動く心を繊細に描いた作品『15の夏』などを含む9作品が、オンラインで上映。

普段はあまり観られないラテン映画の魅力に引き込まれること間違いなし。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト https://www.lbff.jp/index.html
ヴェニュー名 東京
住所 Online
Tokyo

イベント詳細

    • 東京 1,700円、学生1,500円、高校生以下・60歳以上1,000円

      上映時間は作品により異なる

    • 東京 1,700円、学生1,500円、高校生以下・60歳以上1,000円

      上映時間は作品により異なる

    • 東京 1,700円、学生1,500円、高校生以下・60歳以上1,000円

      上映時間は作品により異なる

    • 東京 1,700円、学生1,500円、高校生以下・60歳以上1,000円

      上映時間は作品により異なる

    • 東京 1,700円、学生1,500円、高校生以下・60歳以上1,000円

      上映時間は作品により異なる

    • 東京 1,700円、学生1,500円、高校生以下・60歳以上1,000円

      上映時間は作品により異なる

    • 東京 1,700円、学生1,500円、高校生以下・60歳以上1,000円

      上映時間は作品により異なる

    • 東京 1,700円、学生1,500円、高校生以下・60歳以上1,000円

      上映時間は作品により異なる

    • 東京 1,700円、学生1,500円、高校生以下・60歳以上1,000円

      上映時間は作品により異なる

関連情報
    最新ニュース