ヒューマン・ハイウェイ ディレクターズ・カット版

映画

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、イベントの開催については公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

新宿のシネマカリテにて反核ブラックコメディ映画『ヒューマン・ハイウェイ ディレクターズ・カット版』が日本初公開される。1982年に発表された『ヒューマン・ハイウェイ』は、ミュージシャンのニール・ヤングが300万ドルの自己資金を投じ、バーナード・シェイキー名義で監督を務めた。放射能に汚染された小さな田舎町の人々をシニカルに描いた同作には、核廃棄物処理場の作業員としてDEVOのメンバーたちが登場。ヤングの代表曲Hey Hey, My Myをともに披露している。また、狂ったコックをデニス・ホッパーが怪演。

掲載日

詳細

イベントのウェブサイト http://yami-movie.com
関連情報