アテネ・フランセシネマテーク 映画の授業

映画
1/5
『市民ケーン』 ©DR Lobster
2/5
『世界の心』
3/5
『流網船』
4/5
『インタビュアー』
5/5
『フォルスタッフ』 ©Mr.Bongo Worldwide2015 All Rights Reserved.

御茶ノ水駅近くに位置する日本のシネクラブの殿堂、アテネ・フランセ文化センターにて、『映画の授業』が開催される。同イベントは、同施設で毎年5月から6月にかけて行われるもの。様々な古典映画を2本立てで上映することにより、映画への理解を深めようという試みだ。2017年の上映作品は、「映画の父」D.W.グリフィスの監督作で、アメリカの大女優、ギッシュ姉妹の初共演作『世界の心』や、オーソン・ウェルズの斬新な演出と構成が光る不朽の傑作『市民ケーン』、初めて「ドキュメンタリー」の理念を提唱し、英国記録映画運動を作ったグリアスンの代表作『流網船』など、計13作。映画史のなかで重要な役割を果たしてきた名作を、まとめて観ることができる貴重な機会となっている。

 

 

掲載日

LiveReviews|0
1 person listening