一度は行きたいミニシアター5選

逗子海岸、深谷、横浜。東京近郊のひと味違う個性派映画館

映画を観たいときは、作品ありきで近所の上映館を探す。目当ての作品を観終えたら、劇場を後にする。映画館だって、DJバーやブックカフェのように、なんとなく居座ってみたり、訪れること自体を目的にしたり、仲間と入り浸る口実に使えてもいいはずだ。 

本記事では、東京近郊に点在する個性際立つミニシアター5軒を紹介。いずれも、プログラムから上映スタイル、内装まで、独自の営業方針でメッセージを発し、映画を通した人々の交流空間として、新しい映画鑑賞の形を提示している劇場だ。地元住民でない限り行きつけにするには少々遠方だが、小旅行の目的地と思って訪ねてみれば、素敵な出会いが待っているに違いない。

逗子海岸:CINEMA AMIGO/ビーチ&絶品ランチ

逗子海岸から徒歩1分、潮の香りが漂うシネマカフェ。一軒家を改築して2009年にオープンした。上映作品は新作を中心に週替わりで入れ替わり、ドキュメンタリーからミニシアター系の話題作まで、オーナーによるセレクトの妙が光る、オールジャンルの作品が並ぶ。また、イベントスペースとしてトークショーや音楽イベントも頻繁に行っている。併設されているAMIGO MARKETでは、ランチタイムに日替わりのシェフによる地元の野菜や海の幸を使った料理を提供しており、ランチ目当てのファンも多い。AMIGO MARKETのフードを持ち込んでの映画鑑賞も可能だ。2階は逗子周辺在住のデザイナーやカメラマンたちのオフィススペースとなっており、多くのクリエイターが集う活動拠点となっている。

逗子

深谷(埼玉):深谷シネマ/酒蔵跡地

埼玉県深谷市は旧中山道沿いにある、酒蔵を改装した映画館。「市民のための映画館」を立ち上げるべく、市民の会が1999年から署名運動を始め、銀行跡地での営業を経て、2010年に現在の七ッ梅酒造の跡地にてオープンした。入場料は一般が1,100円と手頃で、ミニシアター系の話題作やクラシックな名画を中心に上映している。監督や俳優による舞台挨拶やトークショーも頻繁に行われており、地元住民ならずとも一度は行ってみたいユニークな映画館だ。

埼玉
Advertising

新百合ヶ丘:川崎市アートセンター/バリアフリー上映

新百合ケ丘駅そばに、2007年10月31日にオープンした文化施設。ミニシアター系の作品を多く上映する113席の映像館と、ミュージカル、ストレートプレイ、寄席など幅広い舞台芸術を上演している195席の小劇場からなる複合施設となっている。映画館では、『KAWASAKIしんゆり映画祭』や『麻生音楽祭』などの、市民による文化芸術イベントが開催されている。映画ファンも家族連れも楽しめる上映プログラムは要注目だ。また、映画製作にまつわる子供向けのワークショップや、バリアフリー上映制作講座、放課後シアターなども定期的に実施している。館内エントランスには、映画監督の今村昌平がカンヌ国際映画祭で受賞した2つのパルムドールを常設展示している。

神奈川

横浜:シネマノヴェチェント/自社配給&フィルム上映

戸部駅から横浜市西区役所をぬけ、藤棚商店街内の脇道を行くと現われるのがシネマノヴェチェントだ。客席数28席の最小規模の劇場を備える同劇場は、骨太なプログラムと、35ミリと16ミリフィルムの上映にこだわったシネフィル垂涎の映画スポットである。劇場とともにトラットリアも併設しており、観賞前や後にアルコールや軽食を楽しむことができる点もユニークだ。飲食のみの利用ももちろん可能なので、スタッフや常連客たちとディープな映画談義に花を咲かせるのも良いだろう。上映プログラムは、ノヴェチェントの自社配給の作品から、歴史的名画の特集上映まで、見逃せない作品が並ぶ。また、関係者を招いたトークショーや落語寄席、『35ミリフィルム映写技師体験講座』などのイベントも頻繁に実施している。通常の劇場では体験できない、製作側と観客の密なコミュニケーションが生まれる貴重なスポットとなりそうだ。 【関連記事】『フィルム上映のシネフィルサロン、シネマノヴェチェントに行ってきた』

横浜
Advertising

横浜:シネマ ジャック&ベティ/豊富なイベント

黄金町駅近くにある映画館。かつて隣接していた横浜日劇とともに「洋画は日劇、邦画は名画座」と言われた横浜名画座を引き継ぐ形で建てられた。青を基調とした二本立てを行うシネマジャックと、赤を基調とした単館系ロードショー館のシネマベティからなる。特集上映や映画祭、トークショー、音楽ライブなどのイベントも頻繁に開催されている。

横浜

青春を振り返る……

心に残る青春映画 50

どんな青春を過ごしたかは人それぞれだが、この特集で選ばれた映画のように、良くも悪くも忘れられない時代を過ごしたのではないだろうか。昔を振り返って懐かしさに浸ってみては。

By Mari Hiratsuka

コメント

0 comments