台湾佐記麵線

  • レストラン
  • 西新宿
  1. 台湾佐記麵線
    Photo: Keisuke Tanigawa
  2. 台湾佐記麵線
    Photo: Keisuke Tanigawa
  3. 台湾佐記麵線
    Photo: Keisuke Tanigawa
  4. 台湾佐記麵線
    Photo: Keisuke Tanigawa
  5. 台湾佐記麵線
    Photo: Keisuke Tanigawa
  6. 台湾佐記麵線
    Photo: Keisuke Tanigawa
  7. 台湾佐記麵線
    Photo: Keisuke Tanigawa
  8. 台湾佐記麵線
    Photo: Keisuke Tanigawa
  9. 台湾佐記麵線
    Photo: Keisuke Tanigawa
広告

タイムアウトレビュー

台湾の国民食、麺線が味わえる店。かつおだしが香る豚骨ベースのスープで煮込んだ麺線は、台湾式の煮麺のような料理だ。

麺線はヘルシーな反面、腹持ちはあまり良くないので、昼にがっつり食べたい場合は、ランチタイム限定で提供される『台湾くるくるおにぎり』とセットにするといい。あくまでも「麺線に合うおにぎり」としてオリジナルで考案されたもののため、台湾おにぎりの飯糰(ファントァン)とは別物だが、なぜか店にやってくる台湾人から人気がある。

壁には台湾にある飲食店の注文票が貼られていて、眺めるだけでプチ旅行気分に。店主は全ての店のメニューを把握しているので「この店はこの料理がおすすめ」「ここはボリュームたっぷりだから3人で行っても1皿の注文でいい」などのアドバイスをもらうこともできる。

夜は台湾食堂888として営業し、ハーフサイズになったおかずを3つ選べる『三品定食』(1人客限定で提供)や、3種類の紹興酒を飲み比べできるセットも用意。「お一人様フレンドリー」な一軒としても覚えておきたい。店の奥に飾られているアルバムジャケットはデヴィッド・ボウイと矢野顕子のもの。ちなみに、矢野のジャケットとして『ごはんができたよ』が選ばれている理由は、「料理」ではなく「ご飯」の提供を心がけているからだそう。

関連記事
東京、リアル台湾を味わう店13選

詳細

住所
東京都新宿区西新宿7-12-12 sagiyaビル 1階
Tokyo
アクセス
東京メトロ丸ノ内線『西新宿』駅 徒歩4分/『新宿』駅 徒歩10分
営業時間
11時30分〜14時00分(L.O.13時50分)、18時00分~21時00分(金曜日は22時まで)/定休日は日曜・祝日(土曜はランチのみ営業)
広告
関連情報