スペリオリティー バーガー

  • レストラン
  • 下北沢
  1. スペリオリティー バーガー
    Photo: Akane Suzuki
  2. スペリオリティー バーガー
    Photo: Akane Suzuki
  3. スペリオリティー バーガー
    Photo: Akane Suzuki
  4. スペリオリティー バーガー
    Photo: Akane Suzuki
  5. スペリオリティー バーガー
    Photo: Akane Suzuki「TFT(Tokyo Fried Tofu)」
  6. スペリオリティー バーガー
    Photo: Akane Suzuki
  7. SUPERIORITY BURGER
    Photo: Keisuke TanigawaSuperiority Burger
広告

タイムアウトレビュー

ニューヨーク発祥のオールビーガンバーガー店。2021年10月に原宿から下北沢へ拠点を移した。オーナーシェフであるブルックス・ヘッドリーは、パンクロックドラマーとしてのキャリアを持ちながら、ミシュランスターのイタリア料理店、デル・ポストでパティシエを務め、レストラン界のオスカーとも言われる『ジェームス・ビアード賞』を受賞した異色の実力者。彼が作るバーガーは、今までのビーガンメニューの概念を覆すジャンクな味わいが魅力だ。 

同店は、壁一面のスピーカー、ドラムセットのひとつ、タムでできた看板、バスケットボールで作られた椅子など、遊び心にあふれた内装が目をひく。手がけたのはデザイナー集団の「GELCHOP」だ。

バーガーのおすすめは「TFT(Tokyo Fried Tofu)」(1,200円)。コールスローサラダと豆腐のパティーがバンズに挟まれている。バンズはもちろん卵、牛乳不使用だ。プラス400円で、ドリンクとポテトが付く。

仕込みに5日間を要するという豆腐のパティーは、ほのかに香るマリネや和風だしのような味わいが絶妙。外はカリッとジューシーだが、中はふっくらとした食感もたまらない。植物油を使うことで油脂が冷えて固まらず味が劣化しないので、出来たてはもちろん、冷めた後も驚くほどおいしい。

ホームメイドのジェラートも併せて食べてほしい。季節に合わせた新鮮なフルーツを使用しており、メニューは都度変わる。取材時(6月)はチョコレート、チョコチップクッキー、チージーオレンジの3つ(3スクープ700円)。これらの濃厚な味わいは、ビーガンフードであることをつい忘れさせる。

詳細

住所
東京都世田谷区代沢5-33-7
Tokyo
アクセス
京王井の頭線・小田急小田原線『下北沢』駅 徒歩5分
営業時間
11時00分〜21時00分
広告
関連情報