撒椒小酒館 大久保店

  • レストラン
  • 大久保
  1. Photo: Keisuke Tanigawa
    Photo: Keisuke Tanigawa
  2. Photo: Keisuke Tanigawa
    Photo: Keisuke Tanigawa撒椒小酒館
  3. 『ナマズの紙包み四川風焼魚(纸包川东过水鱼)』(Photo: Keisuke Tanigawa)
    『ナマズの紙包み四川風焼魚(纸包川东过水鱼)』(Photo: Keisuke Tanigawa)
  4. Photo: Keisuke Tanigawa
    Photo: Keisuke Tanigawa
  5. Photo: Keisuke Tanigawa
    Photo: Keisuke Tanigawa
  6. Photo:Keisuke Tanigawa
    Photo:Keisuke Tanigawa撒椒小酒館
  7. Photo:Keisuke Tanigawa
    Photo:Keisuke Tanigawa撒椒小酒館
  8. Photo: Keisuke Tanigawa
    Photo: Keisuke Tanigawa
広告

タイムアウトレビュー

大久保駅から徒歩2分ほどの場所にある、ファンキーなビジュアルが目を引く中華料理店、撒椒小酒館(サージャオシャオジウグアン)。 近未来を感じる世界観の中、四川料理を中心に、さまざまなメニューが味わえる。

看板メニューは、白身魚の麻辣スープを煮込んだ『烤魚(カオユー)』。圧倒的な人気を誇るのが、大きな四角い鍋で、紙に包んだナマズを特製の麻辣スープで煮込んだ『ナマズの紙包み四川風焼魚(纸包川东过水鱼)』(3,278円)だ。 注文をするとほぼ調理を終えたものが、ホットプレートに乗せられてテーブルにサーブされる。紙に包まれたままテーブルの上で6分ほど。紙のなかには、ナマズとともに、ジャガイモやレンコン、エノキ、自家製のごま豆腐が麻辣スープで煮込まれており、かなりのボリューム。

リーズナブルなランチも人気で『白身魚の高菜煮込み』や『白身魚の辛煮込み』『牛肉の辛煮込み』『ピーマンと細切りロースの香り炒め』などの定食は全て880円で味わえる。4種類ほどのおかずやスープ、デザート、ライスなど、メイン以外はおかわり自由なのもうれしい。

詳細

住所
東京都新宿区百人町1-18-8 大久保カドビル 1階
Tokyo
問い合わせ
03-6908-9164
アクセス
JR中央・総武線『大久保』駅(北口)徒歩2分、JR山手線『新大久保』駅 徒歩7分
営業時間
11時00分~23時30分(LO.22時30分)
広告
関連情報