パフズ

  • レストラン
  • 渋谷
パフズ
画像提供:TRANSIT GENERAL OFFICEパフズ
広告

タイムアウトレビュー

渋谷駅のアップライトカフェ(UPLIGHT CAFE)内に併設されたベイクショップ兼カフェ。パフズ(PUFFZ)は、予約が取れないフレンチとして名高いシンシア(Sincere)のオーナーシェフ石井真介と共同開発の末に生まれたオリジナルベイクブランドだ。

ここでは、看板商品のシュークリームが人気。小休憩の際に店内で味わったり、手土産として持ち帰ったり、シーンに合わせた楽しみ方をしよう。そのほか、期間限定のものもそろえる。

※新型コロナウイルスの流行により、当面の間9〜21時(L.O.20時30分)に営業短縮

詳細

住所
東京都渋谷区渋谷2-23-16 東口地下広場 地下2階
Tokyo
問い合わせ
puffz.jp
03-6324-2739
アクセス
『渋谷』駅(B7出口)直結
営業時間
7時00分〜22時00分(L.O.21時30分)

開催中

PUFFZ 究極の「マダガスカルバニラのシューアイス」

オリジナルベイクブランドのパフズ(PUFFZ)に、初夏に最適な『マダガスカルバニラのシューアイス』(630円)が登場。2021年には1日最大100個も売り上げたという人気商品が、バニラを増量したアップグレード版で戻ってきた。 合同会社CO・En Corporationの希少なアグロフォレストリバニラ、手作り製法にこだわるハンデルスベーゲンの濃厚バニラアイス、パフズのシュー生地の3つがタッグを組んで生まれた同品。「FARMER⇄YOU」プロジェクトの一環であり、自然への負荷や生産者の労働環境などサステナビリティーを考慮した逸品だ。 北海道産の生乳と生クリーム、卵黄、沖縄県産の黒糖を使用したミルクベースに、新鮮なマダガスカル産のバニラを追加。ミルでひいたバニラの粉を仕上げに振りかけることで、香りがより一層引き立つ。アイスが溶けにくいため、ゆっくりと楽しめるのがいい。さまざまな思いが詰まった究極のシューアイスを味わってみては。 ※9〜21時(L.O.20時30分)/公式イベントページはこちら

広告
関連情報