内蒙人家

  • レストラン
  • 高田馬場
  1. Neymoninka
    Photo: Asheng
  2. Neymoninka
    Photo: Asheng
広告

タイムアウトレビュー

高田馬場から歩いて5分ほど、明治通りと早稲田通りの交差点にある内蒙人家 (ネイモンジンカ)は、日本でも珍しい中国・内モンゴル自治区の郷土料理が食べられる店だ。

おすすめは、内モンゴルの省都・呼和浩特出身のオーナーが作る『呼和浩特羊肉焼麦(フフホトヒツジニクシュウマイ)』(1,380円)。中華料理でもなじみ深いシューマイは、一説では内モンゴルが発祥の地なのだとか。

あんには羊肉が使われていて、あつあつの「焼麦」を頬張ると肉汁がじゅるりとあふれ出す。羊肉のうま味がたっぷり詰まった粗びきあんとモチモチ皮は相性抜群で、ペロリと食べられてしまう。

このほか、羊のスペアリブの塩ゆでや羊もも肉のオーブン焼き(要予約)など、羊肉が丸ごと味わえる料理も豊富だ。ぜひ試してみてほしい。

店内は12席とこぢんまりとしているので、事前に予約をしておくのをおすすめする。

詳細

住所
東京都新宿区西早稲田3-28-4
Tokyo
問い合わせ
090-8949-6062
アクセス
JR山手線・東京メトロ東西線・新宿線・西武新宿線『高田馬場』駅 徒歩5分
営業時間
11時30分~14時30分、17時00分~21時00分
広告
関連情報