カフェアンドモア ミヤノユ

  • レストラン
  • 根津
  1. カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
    カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
  2. カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
    カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
  3. カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
    カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
  4. カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
    カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
  5. カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
    カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
  6. カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
    カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
  7. カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
    カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
  8. カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
    カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
  9. カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
    カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
  10. カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
    カフェアンドモア ミヤノユ(Photo: Kisa Toyoshima)
広告

タイムアウトレビュー

根津にある1951(昭和26)年から親しまれていた銭湯、宮の湯跡の一角で、本格的なコーヒーを提供しているのがカフェアンドモア ミヤノユ(CAFE&MORE MIYANO-YU)だ。客席には畳が敷かれており、長いテーブル席は階下に足を投げ出して座ることもできる。下をのぞくとその高さに少し驚くが、体に負担がなくくつろげると好評だ。

地下には銭湯時代にボイラー室として使われていた小部屋があり、そこでコーヒーを飲むことも可能。まるで廃虚のような空間が非日常的で面白い。

一番人気メニューの『フラットホワイト』(600円)は、コーヒーのボディー感をしっかりと感じる上、ミルクの泡がクリーミーで飲み心地がいい。

店長の大里恵未は、エスプレッソの味に厳しい海外観光客が数多く来店する浅草のカフェ「センシングタッチオブアース」で腕を磨いた。ミヤノユでは品質の高い豆のみを使用し、豆の個性に合わせて自家焙煎(ばいせん)している。焙煎後は5日間寝かせエイジングすることで、角の取れたまろやかな味わいに仕上げているという。

詳細

住所
東京都文京区根津2-19-8 SENTOビル 1C
Tokyo
問い合わせ
www.miyanoyu.tokyo
アクセス
東京メトロ千代田線『根津』駅 徒歩1分
営業時間
11時30分〜19時30分(土曜は10時〜19時30分、日曜は10〜19時)/L.O.は閉店時間の30分前
広告
関連情報