ブンダンコーヒー アンド ビア

  • レストラン
  • 駒場東大前
  1. Photo: Kisa Toyoshima
    Photo: Kisa Toyoshima内観
  2. Photo: Kisa Toyoshima
    Photo: Kisa Toyoshima
  3. Photo: Kisa Toyoshima
    Photo: Kisa Toyoshima
  4. ブンダンコーヒー アンド ビア
    Photo: Kisa Toyoshima
  5. ブンダンコーヒー アンド ビア
    Photo: Kisa Toyoshima(ブンダンコーヒー アンド ビア)シェイクスピアのスコーン
  6. Photo: Kisa Toyoshima
    Photo: Kisa Toyoshimaタングシチュウ
  7. ブンダンコーヒー アンド ビア
    Photo: Kisa Toyoshima
  8. Photo: Kisa Toyoshima
    Photo: Kisa Toyoshima
  9. Photo: Kisa Toyoshima
    Photo: Kisa Toyoshima
  10. Photo: Kisa Toyoshima
    Photo: Kisa Toyoshimaしおり
  11. Photo: Kisa Toyoshima
    Photo: Kisa Toyoshima
  12. Photo: Kisa Toyoshima
    Photo: Kisa Toyoshima外観
広告

タイムアウトレビュー

緑豊かな「駒場公園」にる「日本近代文学」内に併設されているカフェ。「新しい文学道標となるき場所」をコンセプトにげている。

もりを感じる店内には、2万冊もの文学にまつわる書がり、マニアぜん希少本か日本文学史を作、サブカルまで自閲覧る。レトロなーブルの中には、かつて小家の豊島与志雄が自用していたものもるとか。

メニューには、有名な小ッセイなどをもとにして作れたドリンクや料理の数々並ぶコーヒー「芥川」800円、以下全て税込み)は、芥川龍之介たち文士時、銀座でよくんでいたとされる味わいを再現した。

太宰治短編訓戒」に登場するエピソードを敷きにして作れた「タングチュ」(1,800円、ドリンクセット2,150円)も食べられる。みのタンを34時間じっくりと煮込み、柔らかなタンにミグラスースの味がしっかりとみ込んでいる。

スイーツで一人気がるのは、大ぶりなサイズがうれしい「ェイクスアのスコーン」800円、ドリンクセット1,150円)。外側がサクサクでの食感で、小麦本来のりと甘みがの中にがる。日は予約可能なので、事前に電話を入れておくと安だ。
なお、日本近代文学館が臨時休業の場合は休みになるので注意しよう。

詳細

住所
東京都目黒区駒場4-3-55 日本近代文学館内
Tokyo
問い合わせ
03-6407-0554
アクセス
京王井の頭線『駒場東大前』駅 徒歩11分
営業時間
9時30分〜16時20分(L.O.15時50分)/定休日は日・月・第4木曜(月曜が祝日の場合は翌日)
広告
関連情報