包馔夜包子

  • レストラン
  • 原宿
  1. Baozhuan Yebaozi
    Photo: Kisa ToyoshimaBaozhuan Yebaozi
  2. Baozhuan Yebaozi
    Photo: Kisa Toyoshima
  3. Baozhuan Yebaozi
    Photo: Kisa Toyoshima
  4. Baozhuan Yebaozi
    Photo: Kisa Toyoshima『ミックス』
  5. Baozhuan Yebaozi
    Photo: Kisa Toyoshima
  6. Baozhuan Yebaozi
    Photo: Kisa Toyoshima
  7. Baozhuan Yebaozi
    Photo: Kisa Toyoshima
  8. Baozhuan Yebaozi
    Photo: Kisa Toyoshima
広告

タイムアウトレビュー

※2022年5月14日オープン

中国では行列必須の名物肉まん専門店、包馔夜包子(パオセン イエーパオズ)の日本1号店が原宿に誕生する。

包馔夜包子は、中国四川で2020年に創業して、現在は中国全土に300店舗を展開する中華肉まんの販売店である。中でも注目商品は『火鍋パオズ(肉まん)』だ。中国成都の下町風情を彷彿させる商品で、「辛くてうまい」本場の火鍋ならではの味わい。作り立て、蒸したてを信条に掲げ「パオズ(肉まん)」は10分以内に食べることを推奨している。

原宿店では、『火鍋パオズ』(4個入り580円)をはじめ、『麻辣パオズ』『キノコ肉パオズ』『白ネギ肉パオズ』という4種の一口肉まんがテイクアウトで購入できる。3席だが、イートインスペースで食すことも可能だ。

関連記事

中国で行列必須の肉まん専門店、パオセン イェーパオズがついに日本初上陸

詳細

住所
東京都渋谷区神宮前6-4-2 神宮前Fビル
Tokyo
アクセス
JR山手線・東京メトロ千代田線・副都心線『原宿(明治神宮前)』駅(出口6)徒歩1分
営業時間
11時00分〜21時00分
広告
関連情報