沖縄食材×バル ヤンバル

レストラン, 日本料理 杉並区
1/5
沖縄食材×バル ヤンバル/Photo:Keisuke Tanigawa
2/5
沖縄食材×バル ヤンバル/Photo:Keisuke Tanigawa
3/5
沖縄食材×バル ヤンバル/Photo:Keisuke Tanigawa
4/5
沖縄食材×バル ヤンバル/Photo:Keisuke Tanigawa
5/5
沖縄食材×バル ヤンバル/Photo:Keisuke Tanigawa

タイムアウトレビュー

代田橋にある沖縄タウンの最も奥に位置するのが、2014年6月にオープンした、ヤンバル(YANBARU)だ。琉球ガラスを使ったインテリアや沖縄の作家が作った器など、モダンで温かみのある店で、沖縄の食材を洋食の調理法で仕立てたメニューが味わえる。

お通しは沖縄野菜のバーニャカウダ(冬はグリルして提供)。石垣島の泡盛製造の過程でできた「もろみ」を餌に与えたもろみ豚を使った『三枚肉の自家製ベーコン』(小640円から)、アンチョビの代わりにスクガラスを使用した『久米島産島車海老と島らっきょうのアヒージョ』(740円)など、どれも気になるメニューばかり。

全粒粉沖縄そば生麺を使ったパスタも同店ならでは。沖縄八重岳ベーカリーの黒パンを、アヒージョのオイルに付けて味わうのがまたうまい。

掲載日

詳細

住所 東京都杉並区和泉1-10-10
Tokyo

アクセス 京王線『代田橋』駅(北口)徒歩6分
問い合わせ
営業時間 11時30分〜14時30分(L.O.14時)、18時00分〜23時00分/定休日は木曜、最終水曜
関連情報
    最新ニュース