氷舎 ママトコ

レストラン, カフェ・喫茶店 中野
氷舎 ママトコ
1/4
氷舎 ママトコ
2/4
氷舎 ママトコ
3/4
氷舎 ママトコ
4/4

タイムアウトレビュー

2016年に中野新橋の住宅街にオープンしたかき氷店。店主は、年間1800食のかき氷を食べ歩いた「かき氷の女王」と呼ばれる原田麻子。カウンター6席、テーブル1卓とこじんまりとしており、扉の外にはオープンの1時間前から行列ができていることも多い。おすすめは、酒かすと醤油を使った、甘じょっぱさがクセになる『お醤油黒糖みるくに酒粕クリーム』(900円)。酒かすの銘柄も時期によって変わるのだが、筆者が訪れた時には新潟の酒造に出向いて手に入れたという貴重な『越乃寒梅(新)』を使用していた。メニューは、常時味わえる『いちごみるく』(900円)や『みるくとはちみつグラノーラ』(800円)のほか、季節や日によって変わる。

なお、小さな子どもを炎天下にさらすことを避けるため、長時間最高気温が26度を超える日の未就学児を連れた人への来店制限があり、2019年は7月1日から9月23日(秋分の日)まで実施する。

掲載日

詳細

住所 東京都中野区弥生町3-7-9
Tokyo

アクセス 丸ノ内線『中野新橋』駅 徒歩6分
問い合わせ
営業時間 14時00分〜19時00分、土・日曜・祝日は13時00分〜18時00分(L.O.17時30分)/定休日は公式サイトで要確認

ユーザー評価

0 comments