帆のる 恵比寿

レストラン, ラーメン 恵比寿
帆のる 恵比寿

恵比寿駅から直結の動く歩道を通り、線路を渡って右手の坂を下ると、目的の帆のる 恵比寿店に到着する。連日観光客で賑わう同店は、大阪発のハラル対応のラーメン屋だ。カウンター席に最大6人まで座ることができ、ロフトにはグループで座れる日本ならではの座敷席がある。目玉となるメニューは、MHC(マレーシア ハラル コーポレーション)によって認証を取得した食品を使ったハラルラーメンだ。いくつか種類が選べるが、クリエイティブな挑戦をしており、『トムヤム麺』や『唐揚げラーメン』などもある。

筆者が注文した『パクチー麺』は、一見すると大量の緑の葉と花型に切り抜かれたニンジン一切れが丼ぶりいっぱいに盛られているだけ。しかし、森のようなパクチーの下にはスープ、麺、そしてトッピングが隠れていた。あっさりした鶏白湯スープにパクチーの風味が加わり、かすかに東南アジアの雰囲気が漂い、ラーメンというよりもフォーに近いと感じた。

『唐揚げ麺』は、鶏肉(衣が軽く付けられ、揚げたというよりも、焼き上げた感じがする)がゴロゴロと乗っており、味に深みを加えている。スープは、想像していた鶏白湯よりも濃厚で、ハラル対応でありながら、昔ながらの味噌ラーメンや豚骨ラーメンの味に近いかもしれない。

また、鶏肉と豆腐を使った日光軒の『ハラル餃子』はぜひ注文してほしい。餃子好きを自認する筆者たちは1人1皿ずつ注文したが(そもそも誰がシェアしたがるだろうか)、リーズナブルな価格で(ラーメンは780円〜980円、餃子580円)、財布にも優しい。

夕方になると、『たこ焼き』や『すき焼き』など、ボリュームのあるメニューが増える。帆のるは、大阪に本店があり、東京で数店舗を展開しているが、ハラル対応メニューを扱っているのは新日本橋店、恵比寿店、そして大阪なんば店のみ。ロフトには礼拝スペースがひっそりと設けられている。ムスリムであろうがなかろうが、少し変わったラーメンの解釈を楽しむためだけでも訪れる価値はある店だ。

掲載日

ヴェニュー名 帆のる 恵比寿
問い合わせ
住所 東京都渋谷区恵比寿南1-23-1 ABC亜米利加橋ビル1階
東京

営業時間 ランチ11時30分〜14時30分、ディナー17時00分〜21時30分/定休日は祝日
アクセス JR山手線・湘南新宿ライン・東京メトロ日比谷線『恵比寿』駅 徒歩7分
Static map showing venue location
LiveReviews|0
1 person listening