天ぷら元吉

レストラン, 天ぷら 青山
3 Love It
保存する
Tempura Motoyoshi
1/4
Tempura Motoyoshi
2/4
Tempura Motoyoshi
3/4
Tempura Motoyoshi
4/4

揚げ物は悪者にされることが多い。しかし、東京の食通たちは天ぷらに夢中だ。その理由は、元吉和仁の巧みで迫力のあるテクニックを見れば一目瞭然。彼の名を冠した店には、カウンター8席とテーブルが1席しかないので、元吉の繊細で思慮深い揚げ技を目の前で見たいなら、なんとしても予約を取るしかない。野菜が天ぷら鍋に落ちた瞬間に上がるシューシュー、パチパチという音や天ぷら鍋に火箸が当たって奏でるチャイムを聴きながら一品一品を堪能するのは至福の一時だ。天ぷらは温度とタイミングが命、と言う元吉は、天ぷらを出されたらすぐに食べることを強く勧める。その小さな彫刻のように美しい天ぷらを、写真に収めて『インスタグラム』にアップしたい欲求に打ち勝ち、1秒も無駄にせず、すぐに口に入れるのが正解だ。

見た目と同じように味も素晴らしい。とても軽い口当たりで油っこくなく、サクサクとした衣で、口の中に旨みが広がる。アスパラガス、茄子、さつまいもに種々のきのこなど、具材の野菜はカウンターのガラスケースの中に置かれているので、日本語が話せなくても指を差して注文できる。野菜はどこまでも素材にこだわる元吉が自ら買いつける一級品だ。コースは9,500~14,900円の4種類あるが、どれを頼むにせよ、元吉の特別料理、大葉ウニ乗せは絶対に忘れないこと。

関連記事

掲載日

ヴェニュー名 天ぷら元吉
問い合わせ
住所 東京都港区南青山3-2-4 セントラルNo6B-A
Tokyo

営業時間 17時30分〜24時00分(L.O.23時)/2時間制/定休日は日曜・祝日の月曜
アクセス 東京メトロ銀座線『外苑前』駅(1a出口)徒歩5分

You may be interested in:

LiveReviews|0
1 person listening