博多 一端亭

レストラン, ラーメン 新宿二丁目
博多 一端亭

タイムアウトレビュー

東京に新たにオープンする店のなかには、豚骨ラーメンを主軸とした店も多いが、独自性を打ち出したものが多く、正統派の博多風は意外と少ない。新宿御苑の博多 一瑞亭では、店名に冠された通り博多出身の店主による本格的な豚骨ラーメンが食べられる。店の前を通ると、豚骨好きなら思わず吸い寄せられてしまうような、独特の香りが漂う。店内は広々と落ち着いた空間づくりで、女性ひとりの客の姿も目立つ。茶色がかったスープは、強火で長時間かけ炊き上げた豚骨に魚介のタレを合わせたもので、クリーミーでパンチがある。卓上に並ぶ豚骨ラーメンの必需品とも言える薬味たちは、真っ赤な紅生姜ではない自然な色の生姜や、しっかりと辛い辛子高菜など、ひとつひとつから博多のプライドを感じる。替え玉はすべきか?もちろん頼もう。

関連記事
東京、ベストラーメン2016

掲載日

詳細

住所 東京都新宿区新宿1-4-12シティ御苑ビルA館1階
東京

アクセス 東京メトロ丸ノ内線『新宿御苑前』駅徒歩2分
問い合わせ
営業時間 11時00分〜(L.O.)15時00分、17時00分〜(L.O.)23時00分(スープがなくなり次第終了)

ユーザー評価

LiveReviews|0
1 person listening