今週、テイクアウトしたい店6選

3ヶ月以内に開店した店舗多数。ランチにもおすすめのテイクアウト

プルス エビステン
作成者: Miroku Hina |
Advertising
レストラン, デリ・デリカテッセン

パリヤ 二子玉川店 

icon-location-pin 二子玉川

二子玉川駅の近くにオープンしたデリ専門店。青山で1996年に創業した老舗、パリヤの系列店だ。『豚肉の長芋巻きグリル』や、『チキンのタイグリーンカレー炒め』『蟹とトマトのクリームペンネ』など、和と洋、そしてエスニックテイストを盛り込んだ、野菜たっぷりのデリ惣菜を週替わりで提供している。 白米と玄米に、好きなメインやサイドメニューを組み合わせられる人気の弁当ボックスのほか、二子玉川店限定で持ち帰り可能なショートケーキ類も販売している。

ショッピング

パルパルホットドッグ 新大久保本店

icon-location-pin 大久保

2018年9月に、日本初上陸した、韓国式アメリカンドッグの専門店。韓国料理店の連なる新大久保エリアでも、ひときわ話題を呼んでいる。韓国式のアメリカンドッグは、日本のものとはひと味違い、生地には米粉が含まれ、モチッとした食感が特徴。また、生地の表面にピーナッツをまぶしたものや、中の具も、ソーセージだけでなくチーズや餅が入ったものなど、ユニークなものが楽しめる。注文が入ってから作られるので、出来立てアツアツの状態で食べられるのも嬉しい。

Advertising
レストラン

プルス恵比寿店

icon-location-pin 代官山

恵比寿に日本初の、グルメパスタを提供するファーストフード店として2018年11月にオープン。 「気軽にどこでも食べられるパスタ」が同店のコンセプト。アメリカの中華レストランにヒントを得て、皿ではなくボックスタイプの紙のパッケージで提供する。全8種あるパスタは、『香港スタイルのアラビアータ』『3種のにんにくのペペロンチーノ』『バターポモドーロ』などユニークなメニューが並ぶ。 コンセプトやメニューは斬新だが、フレンチの名店『ゴードン・ラムゼイ』の部門料理長を務める山田剛嗣がプロデュースを担当しており、味は本格的だ。 

レストラン, インド料理

Lemon Rice TOKYO

icon-location-pin 渋谷

渋谷駅の東口から徒歩1分。2018年9月、飲食店が混み合う通りの片隅に、カレー愛好家としても知られるホフディランのボーカル、小宮山雄飛(こみやま・ゆうひ)が手がけたレモンライス専門店がオープンした。テイクアウトのみで、メニューは『レモンライス』一択。レモンライスとは、南インドの料理のひとつ。口に入れると、レモンの爽やかな香りが口いっぱいに広がり、ナンプラーの風味があとを追う。まずはライスの芳香さを味わい、玉ねぎのアチャールやチリソースなどを混ぜながら、味の変化を楽しもう。辛さ控えめのチキンカレーも、レモンの風味と相性抜群だ。   

Advertising
ショッピング

ナウ オン チーズ ルミネ新宿店

icon-location-pin 新宿

2018年11月にルミネ新宿店にープンしたテイクアウト限定のチーズスイーツ専門店。自分で楽しむのはもちろん、手土産にもぴったりなチーズ菓子を販売する。ここでぜひ手に入れてほしいのは、『レアチーズサンド』だ。クリームチーズとマスカルポーネのリッチなクリームに、チーズと好相性のレーズンとカシューナッツも練り込み、ほろほろのクッキーでサンド。クッキーにもカマンベールとゴーダチーズが使用されている、ここでしか食べられない贅沢な一品だ。チーズ好きは、見逃さないでほしい。

レストラン, ハンバーガー

鮨屋が作るフィッシュバーガー専門店 デリファシャス

icon-location-pin 中目黒

ミシュラン二つ星を獲得している鮨屋、銀座 青空で経験を積んだ鮨職人が手がけるフィッシュバーガー専門店。中目黒駅から池尻大橋方面に8分ほど歩いたところに店を構える。メニューは『昆布〆フィッシュバーガー』や『西京焼きの最強バーガー』、『鮨屋が作る出汁巻き卵サンド』など、鮨職人ならではの多彩なラインナップを展開。いずれもオーダーを受けてから調理がされるので、できたての状態で味わえるのも嬉しい。テイクアウトはもちろん、街の銭湯をイメージしたという店内もくつろげる雰囲気だ。

Advertising