下北沢熟成室

レストラン 下北沢

タイムアウトレビュー

下北沢一番街商店街から、1本離れた通りにある小さなワインバー。自家製のハムやパテ、アンチョビなどの“熟成フード”をテーマにしたフレンチベースの料理を提供している。オススメは豚バラの旨味を最大限にひきだしたベーコンを使用した『自家製生ベーコン2週間熟成のグリル』(1380円)や『自家製アンチョビとじゃがいものバターソテー』(580円)など。神楽坂にあるチーズの名店『アルパージュ』から仕入れたチーズ(490円〜)や、『フランス産鴨肉の自家製ジャンボン』(880円)などもワインとの相性抜群。“熟成フード”とは、じつにアルコールと相性の良い肴であることがわかる。また、無農薬、有機栽培の野菜にもこだわっており、紅菜苔、ちぢみ法蓮草、わさび菜などを使用したサラダ(1180円)や信州伝統野菜『小布施なす』のカポナータ(680円)なども味わえる。

掲載日

詳細

住所 東京都世田谷区北沢2-33-6 飯島ビル2F
東京

アクセス 京王井の頭線、小田急線『下北沢』駅 徒歩3分
問い合わせ

ユーザー評価