三角地帯

レストラン 三軒茶屋
7 Love It
保存する
三角地帯

三軒茶屋には、世田谷通り、国道246に囲まれた、通称「三角地帯」と呼ばれる一角がある。この「三角地帯」には「エコー仲見世商店街」や「ゆうらく通り」、「三茶3番街」といった路地が平行しており、迷路のような路地には飲み屋や商店が軒を連ねている。戦後の焼け跡になった商店街にバラック建ての商店が並び始め、昭和25年には仲見世商店街が現れた。発展に道路の整備が追いつかないまま、当時の混沌とした面影を残す町並みが形成された。そこにある店、集う客は年代もさまざまだ。日本酒好きなら知らない人はいない赤鬼や、焼き鳥の名店、床島をはじめとした昔ながらの店もありつつ、カレーやアジア料理、ワインが楽しめる店などニューウェーブもある。路地が狭いだけに店と人、人同士の距離も近い。眠らない土地「三角地帯」のエネルギーは今日も酔客を引きつけている。

掲載日

ヴェニュー名 三角地帯
問い合わせ
住所 東京都世田谷区三軒茶屋2
東京

アクセス 田園都市線『三軒茶屋』駅 徒歩2分

You may be interested in:

LiveReviews|0
1 person listening