メゾン ポール・ボキューズ

レストラン, フランス料理 代官山

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間が異なる場合もあるため、公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

代官山にあるフレンチレストラン。同店はフランスの老舗『ポール・ボキューズ』の日本での総本店となっており、本場のレシピがそのまま楽しめる。店内は高級感あふれるメインダイニング、オープンキッチンに面したもう一つのダイニング、シックなラウンジ、華やかなサロンとそれぞれ趣向を凝らした四つの空間で構成されている。スペシャリテの『1975年にエリゼ宮にてV.G.E.に捧げたトリュフのスープ』はポール・ボキューズがレジオン・ドヌール勲章を受賞した際当時の大統領の為に生み出したもので、さいの目状の牛ほほ肉とフォアグラテリーヌ、スライスした黒トリュフがふんだんに入ったスープにパイで蓋をし、香りを閉じ込めたなんとも贅沢なメニュー。8000円とかなりの値段だが、一度は食べたい逸品だ。

掲載日

詳細

住所 東京都渋谷区猿楽町17-16 代官山フォーラム地下1階
東京

アクセス 東急東横線『代官山』駅(正面口)徒歩5分
問い合わせ
関連情報
    最新ニュース