ザ バーガーズ / ステーキ センダガヤ

レストラン, ハンバーガー 原宿
ザ バーガーズ / センダガヤステーキ
1/6
ザ バーガーズ / センダガヤステーキ
2/6
ザ バーガーズ / センダガヤステーキ
3/6
ザ バーガーズ / センダガヤステーキ
4/6
ザ バーガーズ / センダガヤステーキ
5/6
ザ バーガーズ / センダガヤステーキ
6/6

千駄ヶ谷のハンバーガー専門店ザ バーガーズ(THE BURGERS)は、2017年4月にオープン後、同年9月にリニューアル。夜はセンダガヤステーキと店名を変え、吉祥寺の人気店、肉山の監修によるステーキを提供することになった。ランチのハンバーガーをアピールするためステーキをはじめるよう勧めたのも肉山のオーナー、光山英明だという。使用する牛肉はグラスフェッドビーフのみ。自然環境の中で放牧され、牧草だけを食べて育つため、赤身が多くヘルシーなのが特徴だ。

基本のセットには、パティとレタス、トマトが入ったシンプルなハンバーガーにポテトとドリンクが付く。そのままでも十分に満足できるが、テリヤキ、トマト、ジャークの3種のソースや、チーズやアボカドなどのトッピングの追加も可能だ。表参道のカフェ、パンとエスプレッソと に特注したバンズのほのかな甘みも印象的。

ステーキメニューはランチタイムにも楽しめる。中でも注目は『ステーキバーガー』だろう。パティの代わりにステーキを挟んだのかと思いきや、両方が入っており、肉の総重量は約250グラム。筋切りなどが丁寧にされているので、噛み切れずにステーキだけがずるずると引っ張り出されるという悲劇も起きない。ほろほろと崩れるパティとステーキの食感のコントラストが面白く、見た目のインパクトだけでない、完成度の高い一品。そのほか、ステーキと野菜がたっぷり摂れる『肉サラダ』はハンバーガーのバンズに使用するパンがセットになる。日替わりで様々な部位が楽しめるステーキランチはライスがお代わり自由だ。

センダガヤステーキでは牛のサーロイン、リブロース、ハラミと、ラムをそれぞれ250グラム単位で注文可能。グループで訪れれば色々と頼んで食べ比べを楽しめる。

掲載日

ヴェニュー名 ザ バーガーズ / ステーキ センダガヤ
問い合わせ
住所 東京都渋谷区神宮前2-22-1 3階
東京

営業時間 ザ バーガーズ 11時30分〜15時30分(土・日曜・祝日は11時〜17時)/ステーキセンダガヤ 17時00分〜23時30分/定休日は土・日曜・祝日
アクセス 東京メトロ副都心線『北参道』駅/都営大江戸線『国立競技場』駅 徒歩8分/ 徒歩7分JR『千駄ヶ谷』駅 徒歩9分
Static map showing venue location
LiveReviews|0
1 person listening