てるなり

レストラン, 日本料理 四谷三丁目
Terunari
1/3
Photo: Keisuke Tanigawa
Terunari
2/3
Terunari
3/3
Terunari

タイムアウトレビュー

注意! 最新情報の掲載に努めているが、通常とは営業時間が異なる場合もあるため、公式サイトなどで確認してから訪れてほしい。

フレンチの要素を懐石に取り入れた てるなりの料理は、1品ずつすべてが際立っている。キッチンに立つのは徳本寛一、名店 鈴なりの村田明彦の下で働いている。

必要以上に季節に固執することはなく、毎日その日に届いたもので丁寧に料理する。鶏レバーのパテが入ったモナカや、ワサビがアクセントになった牛スジの茶碗蒸しなど、和食をユニークに表現した料理が楽しめる。梅とショウガがきいたイワシの煮物、漬けマグロと赤こんにゃく、キュウリに添えられたうま味たっぷりのなめろうなど、さまざまな本格懐石料理も絶品だ。器の周りに添えられた季節の植物も、料理を彩る。

コースの最後は、てるなりの代表料理でもある釜炊きご飯のシメだ。醤油とみりんで甘辛く味付けされた豚肉、トマトとフレッシュバジルが入っている。かき混ぜてチーズをかければ和風リゾットに早変わりだ。懐石の概念を覆してくれる、ファン必見の店だ。

詳細

住所 東京都新宿区舟町8-2 四谷舟町ビル1階
Tokyo

アクセス 東京メトロ丸ノ内線『四谷三丁目』駅 徒歩5分
価格 コース4,500円〜
問い合わせ
営業時間 18時00分〜23時00分
関連情報
    最新ニュース